注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

美作のお茶の木銀座に植樹

経済・産業 津山朝日新聞社
         

 東京都中央区銀座で茶を栽培する「銀座のお茶プロジェクト」の一環として、美作市は20日、同市海田地区特産の茶の苗木を松屋銀座(同銀座)の屋上にある鉢に移植する。生産者の後継者不足を背景に、魅力を発信するのが狙い。
 日本茶アンバサダー協会が協力し、「美作のお茶、銀座へ『美作茶植樹会』」と銘打って実施。品種は「さえあかり」で、苗12本、成木6本を計9鉢に植える。同市出身の映画監督・大谷健太郎さんが参加し、美作茶などにまつわる物語のロケも行われる。
 銀座のお茶プロジェクトは、同協会が、日本茶の魅力を伝える人を増やし、消費回復につなげることを目的に2015年に設立。都心での茶摘みやワークショップなどを行っているという。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG