注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

美作勢姿消す 津山工など3校敗れる【高校野球岡山大会】/岡山

教育・保育・学校 死力を尽くす選手たち(津山工―笠岡工)
死力を尽くす選手たち(津山工―笠岡工)=岡山県美咲町で
         

 第105回全国高校野球選手権記念岡山大会は15日、岡山県美咲町のエイコンスタジアムなど3球場で2回戦7試合が行われ、津山工が笠岡工に1ー3、津山は倉敷翠松に2ー7、勝山は明誠に4ー5でいずれも敗れ、美作勢は大会から姿を消した。

 【2回戦】
 〈エイコン〉
笠岡工
000001020 3
000000010 1
津山工
 (笠)林、瀬尾、定光―竹井
 (津)宍戸、小坂田―田村
 ▽二塁打=竹井(笠)、田村(津)

 0ー0で迎えた六回、笠岡工は無死一、二塁から瀬尾の適時打で先制した。八回には笠岡工が一死一、三塁から4番竹井が適時二塁打を放ち、2点を追加。津山工は八回、二死一、三塁から相手の失策に乗じて1点を返したが、及ばなかった。

 小坂田誠也主将の話 4番の自分がこの大会で1安打しか打てなかったのが敗因。チームは本当にいい試合をしてくれたので、後悔はない。最高のゲームだった。3年は4人しかいなく、レギュラーはほとんど後輩で、個人の能力は高い。僕たちを超えてほしい。

倉敷翠松
030200020 7
001000100 2
津 山
 (倉)東島、西山、大治―上田
 (津)齊藤、須江―藤原
 ▽三塁打=小林(津)▽二塁打=藤原(津)

 翠松は二回に二死一、二塁から羽原の中前適時打で先制し、敵失でさらに2点を追加。八回には佐藤と羽原のスクイズで2点し、突き放した。津山は三回、一死一塁から小林が適時三塁打、七回には二死満塁から杉山が適時打を放ったが、及ばなかった。

 長森聖主将の話 守備の課題を修正できず、自分たちの武器である打撃力を生かすことができなかった。全力で戦いやり切ったが、悔しい思いはある。先輩と後輩の仲が良い素晴らしいチームに成長できたことを誇りに思っている。

 〈倉敷〉
勝 山
000010012 4
000100022× 5
明 誠
 (勝)西尾、山本俊―梶原
 (明)板野、宇賀―小野
 ▽三塁打=西尾(勝)、宇賀(明)▽二塁打=梶原(勝)、桒田2(明)、林(同)、宇賀(同)、赤木(同)

白熱戦を展開する選手たち(津山―倉敷翠松)


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG