注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

美作大学バレーボール部

スポーツ チャレンジリーグ戦で優勝し、2部との入れ替え戦に臨む選手たち
         

美作大学(岡山県津山市)バレーボール部が、中国大学リーグ戦(女子)の3部に相当するチャレンジリーグ戦春季大会で優勝し、21日、初の「2部昇格」をかけた入れ替え戦に臨む。高校時代に全国大会に出場したメンバーがいるなどチーム戦力は充実しており、一丸となって決戦に挑む。
 部員は大学、短期大学部(専攻科を含む)の23人で、美作高をはじめ、岩美高(鳥取県)や銀河学院高(広島県)といった各県の強豪校からも入部。岩美高出身の2人は全日本高校選手権(春高バレー)の出場経験がある。
 4チームが参加して1日に開かれた同リーグ戦では1年生たちもレギュラーで活躍。パワーや高さのある優勝候補の岡山大学に対して第1セットを粘り強く戦って逆転でものにし、2―0でストレート勝ち。3勝0敗で初優勝を飾った。
 練習は週2日、各2時間だけだが、それぞれ集中して効率的にメニューをこなす。コースとスピードを意識したサーブ、正確なレシーブに力を入れるとともに、低めのトスからの速い攻撃に磨きをかけている。
 指導するのは、美作高女子バレー部で約35年の指導歴があり、同校を強豪に育て上げた福武輝正監督。「ミスをしないチーム作り」に取り組む。大学では7年目を迎え「戦力的にはこれまでで1番いいチーム。出足がうまくいけば次の試合も必ず勝てる」と語る。
 入れ替え戦は2部6位の島根大学と対戦。エースの赤堀花梨選手(18)=短大幼児学科1年、美作高校出身=は「みんなでボールを必死につなぎ、スパイクを決めきって2部を目指したい」。重村百香主将(20)=専攻科介護福祉専攻1年、島根県・大東高校出身=も「連続ミスをしないよう全員で心がけ、サーブカットとチャンスボールをセッターに正確に返球し、チームの柱になれるよう頑張りたい」と意気込んだ。


1チャレンジリーグ戦で優勝し、2部との入れ替え戦に臨む選手たち

スパイクに磨きをかける選手たち
スパイクに磨きをかける選手たち


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG