注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

美作本因坊決定戦

歴史・文化 盤面に火花を散らした第1局
         

 県北囲碁界の頂点を決める第39期美作本因坊決定戦(津山朝日新聞社主催、津山囲碁協会主管)が5日、岡山県津山市田町の弊社で開催。池田晃一美作本因坊(78)=福田=が江原憲行七段(68)=大田=をストレートで下し、タイトルを防衛した。通算8期目で、2回目の永世位に就いた。
 池田本因坊、江原七段ともに永世位就任経験のある実力者同士の対戦となった。
 三番勝負、持ち時間60分で行った。一局目は江原七段の黒番で開始。白が序盤から仕掛けて、戦いに突入した。難しい戦いの中で、白が一瞬の隙を突いて、134手まで白中押し勝ちした。
 第2局は、手番を入れ替えて池田本因坊の黒番で開始。両者隅をしっかり固めて、じっくりした序盤戦になった。黒が厚みを蓄えて、主導権を握った。終盤にかけて白の石を攻める展開に持ち込み、185手まで黒中押し勝ちした。
 池田美作本因坊は「江原さんは県北の強豪のなかでも一番の正統派。好勝負ができた」。江原七段は「熟練の池田さんはほころびがなく、バランスの取れた方。いつか対等に打てるようになりたい」と話した。
写真
盤面に火花を散らした第1局

美作本因坊位を防衛し2回目の永世位に就任した池田さん。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG