注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

”藻くず”のような毛が特徴 漁期に合わせ モクズガニ放流/岡山・津山市

自然 モクズガニを放流する松田組合長=岡山県津山市の横野川で
モクズガニを放流する松田組合長=岡山県津山市の横野川で
         

 吉井川漁協=岡山県津山市=は14日、管内の本支流にモクズガニ計10キロ、約100匹を放流した。

 漁期(9月1日~1月末)に合わせて例年実施し、今回は島根県の高津川で捕れた甲羅の径6、7センチのサイズ。本流上流部、広戸川、横野川、皿川に各2.5キロを配分した。

 このうち岡山県津山市下横野地内の横野川では、流れの緩やかな場所に松田安弘組合長がバケツから放ち、カニたちは元気に足を動かして深みに消えた。

 松田組合長は「食べごろのサイズがそろい、愛好者に楽しんでもらえる」としている。

 管内のカニかご漁には、遊漁料金一等の日券(3300円)か年券(1万1000円)が必要。

 モクズガニはつめに”藻くず”のような毛が生え、体色は緑褐色。秋から冬にかけて味がよくなり、汁物などにされる。

放流前のモクズガニ
放流前のモクズガニ
モクズガニを放流する松田組合長=岡山県津山市の横野川で
モクズガニを放流する松田組合長=岡山県津山市の横野川で


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG