注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

「十七文字の魔術師」しのぶ 俳人・西東三鬼の命日 「三鬼賞」の中村さんら墓参り/岡山・津山市

祭事・神事・法要 墓句碑の前で祈る参列者たち
墓句碑の前で祈る参列者たち=岡山県津山市西寺町で
         

 岡山県津山出身の俳人・西東三鬼(1900〜62)の命日に合わせ、「綱俳句会」は1日、同市西寺町の成道寺で墓参りをした。第30回「西東三鬼賞」で大賞に選ばれた兵庫県姫路市の中村正行さんらも訪れ、遺徳をしのんだ。

 「十七文字の魔術師」とも言われた西東三鬼は、新興俳句の旗手、鬼才として活躍した俳人。「水枕ガバリと寒い海がある」など鋭い感覚で俳壇を沸かせた。命日の4月1日は、「西東忌」「三鬼忌」と呼ばれる。


 綱俳句会と姫路の句会「亜流里」の計22人が参加。中村さんの「回天や海鼠を切れば水溢る」など、それぞれが句をしたためた短冊を墓句碑前にそなえ、静かに手を合わせた。

 中村さんは「西東三鬼は写真で見るととてもダンディーで、私もそのように歳を重ねたい」と話していた。このあと城西公民館で句会もあり、交流を深めた。

 供養は1993年に西東三鬼賞が創立されてから恒例で行っている。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG