注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

貴布禰神社で「霜月狼宮大祭」

祭事・神事・法要 貴布禰神社で「霜月狼宮大祭」
         

 美作地方の祭りで一年の最後を飾る「霜月狼宮大祭」が13日から3日間、桑上の貴布禰神社で開かれ、参拝者が家内安全や厄よけなどを祈願した。
 境内に鎮座する奥御前神社の大祭。「狼様」とも呼ばれ、木の小宮を持って参拝する珍しい風習がある。火災や盗難、疫病よけなどに霊験があると言われ、訪れた人たちはオオカミが好むという塩を供えたり、お札を買い求めたりしていた。
 本殿では神職が祈とうし、崇敬者が持参した小宮に新たな分霊(わけみたま)を迎え入れた。地区で祭っている小宮を持って訪れた近くの40代男性は「全国的にコロナが広がる中、地域の人たちの無病息災と健康を祈った」と話した。
 神社によるとかつては小宮を背負って参るのが通例だったが、近年ではそうした姿は少なくなった。また小宮を受け取った後は、どこにも立ち寄らずまっすぐ帰るのが習わしという。
 柳二郎宮司(78)は「疫病よけにご利益があると言われている神社。早く新型コロナが終息し、みなさんにとって明るい新年になるよう願いたい」と話していた。


新たな分霊を迎えた小宮を受け取る参拝者


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG