注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

起業や事業をサポート 「創業塾」発足

経済・産業
         

 津山信用金庫(山下)、つやま産業支援センター(山北)、日本政策金融公庫津山支店(同)、三井住友海上火災保険岡山支店(岡山市)の4社(団体)が連携し、起業や新たな事業の育成をサポートする「創業塾」を発足させた。9月の開講に向けて15日、受講者の申し込み受け付けを開始した。
 持続可能な作州地域の実現に向けた支援プログラムの一環で、対象は創業予定者か創業から3年以内の経営者、第2創業として業態転換や新分野進出を検討中か挑戦中の経営者。
 カリキュラムは計7回で、各回のテーマに沿った専門分野の講師が同信金本店大会議室で講義し、オンラインも併用する。受講無料。9月6日まで受け付けるが、定員(15人)になり次第締め切る。
 主なカリキュラムは、▽9月10日=第1回「マーケティング」▽同24日=第2回「財務会計」▽10月8日=第3回「人事・労務・コーチング」▽同22日=第4回「新ビジネス具現化」▽11月12日=第5回「事業計画作成」▽同26日=特別講義「創業に必要なこと(手続きや基礎知識)」▽12月10日=当別講義「補助金申請」。
 問い合わせは、津山信用金庫地域創生部(☎224136)。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG