注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

連続講座「戦時下の生活を語り継ぐ」

歴史・文化
戦争体験を話す岩谷さん
         

 岡山県退職女性教職員の会学びの連続講座「戦時下の生活を語り継ぐ」が、大谷の津山中央公民館(岡山県津山市)で開かれた。戦争経験者が当時の記憶を話し、約20人が聴講した。


 岩谷政治さん(103)=林田=は兵隊として中国戦線を経て激戦地のフィリピンレイテ島へ。食料も銃弾も早々に尽き、他の大隊が次々と玉砕するなか、「残されていたのは自決用の弾と手榴弾だけだった」と振り返った。


 ある日、戦線から米兵がいなくなっていることに気が付く。「この日、戦争が終わっていた」。岩谷さんは収容所生活を経て、翌年帰国。現在ウクライナで起こっている戦争について述べ「復員して77年経ったが、今も昔も何も変わっていない」と語った。


 また、鏡野町在住の報道写真家・吉田一法さん(84)が、広島県大竹市での被ばく体験について語った。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG