注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

適切な利活用へ認識深める

教育・保育・学校
         

 「県北スマホサミット」(津山教育事務所主催)が24、25の両日、岡山県美作地域15中学校、生徒約1000人が参加して開かれた。所持率が増加しつつあるスマートフォンなどに対して各校の取り組み紹介が行われ、適切な利活用について認識を深め合った。
 中学生の主体的なルール作りなどを進めるとともに、トラブルなどに巻き込まれず、より充実した学習や日常生活を目指す目的で開いた。津山市田町の同事務所と参加校をウェブ会議システムで結び、各校の全校生徒や学年生徒らが一堂に会して実施した。
 初日は9校を3グループに分けて行った。中央、新庄、奈義中のグループでは、中央中が生徒会とPTA子育て支援部で作った「CHUOルール」、新庄中は生徒会が小学5年〜中学3年を対象に授業を行ったことを説明。奈義中は保護者と生徒に行ったアンケート結果から「学習時間よりメディア利用時間が倍以上長く、家庭でのルール設定が必要」として、学校全体に注意喚起を発信したほか、PTAと語る会を実施したことを発表した。
 最後に9校がそろって感想を述べ合い、交流。「他校の取り組みが分かり、自分たちの学校にも取り入れてみたい」「受験が近づくのでスマホの使い方をしっかりコントロールしたい」といった声が活発に上がっていた。


メディアに対する取り組みを発表する奈義中学校の生徒会メンバー


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG