注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

那岐連山に笠雲の一種、「風まくら」

自然 那岐連山に笠雲の一種、「風まくら」
         

 10日午後、那岐山や広戸仙など那岐連山に笠雲の一種、「風まくら」とみられる現象が現れた。台風や発達した低気圧が四国沖を通過する際によく見られる。
 日本海からの冷たく湿った風が山地を越える時に発生し、南麓一帯に吹き荒れる局地風「広戸風」の前兆として地元で恐れられている。この日は台風14号が四国から近畿、東海の沖合の太平洋を東に移動。連峰には雲が横たわったような風景が見られた。
 同日の最大瞬間風速は、市勝北支所によると広戸小学校で26・0㍍(午後6時58分)を観測。地元の79歳の男性によると「風まくらができ、広戸風が吹いた」という。平地の同支所では13・1㍍(同2時17分)、岡山地方気象台によると奈義町で12・1㍍(同7時半)だった。


那岐連山にかかった「風まくら」=10日午後3時半ごろ、神南備山から


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG