注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

鈴木康正さん・B’zファン集える場づくり大切

おかえり稲葉さん B'zコピーバンドコンテストのTシャツを手にする鈴木さん
B'zコピーバンドコンテストのTシャツを手にする鈴木さん
         

凱旋コンサートに思いを寄せて|おかえり稲葉さん2017

 2005年7月23日、おかやま国体百日前イベントとして開かれた「B’zコピーバンドコンテスト津山大会」で実行委員長を務めた鈴木康正さん(56)=川崎、自営業。東京や愛媛などの5組がライブ演奏するアルネ津山東口広場のステージに、全国から約1000人のファンが詰め掛ける盛況ぶりだった。
 「あれほどのファンが集まるとは思わず、熱気に驚いた。『よくぞ津山に集える企画をしてくれた』『なんとか続けてほしい』という声が多かったのを覚えている」と当時のイベントTシャツを手に振り返る。予想を上回る反響に19年まで3年連続で開き、20年にはフェスティバルに移行して有終の美を飾った。
 稲葉浩志さんの兄・伸次さんと同級生で家も近所のため幼いころからよく知る仲。稲葉家の人たちとも親しく付き合ってきた。
 「浩志はとても優しく、家族思い。そして自身の原点である津山が大好きで、凱旋(がいせん)コンサートは以前からしたかったんだと思う。やっと実現できてほんとによかったと思う半面、できれば去年亡くなった親父さんにステージを見せてやりたかった」。
 津山ホルモンうどん研究会代表としてまちづくり活動を継続し、B級グルメの大規模なイベント開催の経験もある鈴木さん。
 「コンサートに集まるファンに、多くの市民がおもてなしの心を持って接してもらえたら、津山はいいまちだ
った、また来たいときっと思ってもらえる。コピーバンドコンテストの復活に火が付く可能性もあるが、浩志のふるさと津山だからできる、ファンが集える場づくりが大切。今後の津山のまちづくりを考えるいい機会になるはず」と熱っぽく話す。

B'zコピーバンドコンテストのTシャツを手にする鈴木さん
B’zコピーバンドコンテストのTシャツを手にする鈴木さん


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG