注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

長屋門の復元が大詰め

歴史・文化 長屋門の復元が大詰め
         

 田町武家屋敷群の中で有数の規模だった黒田家屋敷跡で、約250年前に建てられた長屋門の復元が大詰めを迎えている。年末には完成する予定。
 長屋門は中筋の通りに面し、幅16・5㍍、高さ4・6㍍、奥行き4㍍。末田薬局(同所)の末田芳裕社長(52)が武家地の景観保存を兼ねた新店舗建設の一環として計画し、敷地約1000平方㍍を取得。老朽化していた門を6月から手作業で解体し、古材の一部といぶし瓦の半数を再利用して8月から建て直しを進め、漆喰(しっくい)塗りや出格子なども元の仕様に準じた外観がほぼ出来上がった。
 マツの主柱や梁(はり)、クリの扉などは古材が生かされ、かんぬき、蝶番(ちょうばん)といった古い金具類も往時の風情を醸す。長屋部分は漢方調剤室として使う。市の町並保存対策補助金を活用し、事業費約2500万円。来年の2期工事では、隣接して土蔵風の新店舗を建設するという。
 黒田家は津山松平藩の刀剣鑑定役などを務めた譜代の家柄。1700年代後半に建てられたとされる屋敷は2001年、類焼火災で焼失し、門と土蔵が残されていた。
 末田社長は「大熊家屋敷跡(現津山朝日新聞社)の門再建にも背を押されて構想を練り、できる限り忠実に復元している。新店舗を含め、武家地の風致を高めたい」と話す。
 「津山城下町武家地保存活用計画」が14年に策定されて以降、関連の修理修復としては4件目の事例となり、市歴史まちづくり推進室は「城下町の一角を形成した景観を後世に伝えていく上で喜ばしく、保存、修景の機運高揚にもつながる」としている。

ほぼ復元された黒田家の長屋門


古材が生かされた扉周り


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG