注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

阿波でかやぶき屋根のふき替え作業体験会

イベント 阿波でかやぶき屋根のふき替え作業体験会
         

 阿波地域に残るかやぶき屋根のふき替え作業の体験会が21日、同所の民家で開かれ、親子連れら約30人が職人と一緒に補修作業をしながら、伝統建築への認識を深めた。
 地域活性化に取り組む「ふらり」が企画し、大塚昭典さん(79)=阿波=の家屋(約80平方㍍、2階建て)で行われた。1861(文久元)年築で、2階の窓に光が差し込むように、屋根の一部が切り落とされた珍しい設計になっている。
 参加者は職人歴60年以上の山本進さん(79)=加茂町公郷=の指導を受けて、幅90㌢の押し切り機を使って約2㍍のカヤを半分に切断。約7〜8㍍の高さに組まれた足場に上がり、カヤを屋根に挿し込むほか、コケを落とすなどの掃除もした。「カヤは油分を多く含み、雨を弾くので長持ちする」と説明を受け、触わって感触を確かめていた。
 松山優羽君(11)=岡山市=は「高くて怖かったけど、作業をしていくうちに楽しくなった」。母親の有香さん(38)は「屋根の上に土があるのが気になったが、実際は朽ちたカヤだった。新しい発見ができてよかった」と話した。
 同地区のかやぶき屋根の建物は6軒あり、約20〜30年に1度ふき替え作業をする。


屋根の補修作業を行う参加者


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG