頼経英博さん・陰ながら応援、私の役目

おかえり稲葉さん 思い出が詰まったギターを手にする頼経さん
思い出が詰まったギターを手にする頼経さん
         

B’z凱旋コンサートに思いを寄せて|おかえり稲葉さん2017

 「学生時代に一緒にバンドを組んでいた頼経君が原点です」


 世界に誇るロックスターに登りつめた稲葉浩志さんが、音楽活動を始めたきっかけとして常に挙げてきた人物こそが、津山高校の同級生で現在英田中学校教頭の頼経英博さん(53)=大谷=だ。

 「津山文化センターでもいつも通りのステージを披露してもらいたい」。22日の津山公演に向け、親友が送ったエールは、飾らないシンプルなものだった。

 「陰ながら応援するのが私の役目」。 意外なことに、デビュー以来連絡は取っておらずコンサートに足を運んだこともないという。数十年の月日が経つが、今もなお稲葉さんの中にある確かな記憶。それは、2人が過ごした日々に刻まれている。


  ◇ ◇ ◇ 

 昭和55年、稲葉さんは津山東中、頼経さんは鶴山中から津山高校に入学した。「お互い存在を知らなかったと思う」。当時は1学年10組。1年生の時はクラスも校舎も違って接点はほぼなかった。

 中学1年からギターを弾いていた頼経さんは当時、ヘビーメタルバンドの「ラウドネス」に熱中。同級生の音楽好きにはカセットテープを貸して洗脳していたといい、2年生で隣のクラスになった稲葉さんもその中の一人だった。

 コピーバンドを組みたいと考えるようになったころ、2人はぐっと近づいた。ラウドネスの歌声は、かなりの高音。困難と思っていたボーカル探しは放課後にふと目をやったテニスコートで幕を閉じる。

「ファイト!」。力強く、高い声。部活動で一生懸命練習する稲葉さんの姿だった。

 「『彼しかいない』と思った」

 その後ベース、ドラムがそろい、バンドを結成した。初めは「人前で歌うのは恥ずかしい」と言っていた稲葉さんは次第に、休み時間やスタジオでの練習に没頭するようになったという。

 重点的に練習したのは文化祭への出演が決まったころで、本番を目前にして毎日のように集まるようになった。しかし迎えた当日、練習し過ぎたせいで声をからしてしまい、高音がきれいに出なかったという。「終わってから、彼は何も言わなかったが、悔しそうな表情を浮かべていた」。
 

卒業後、稲葉さんは進学で横浜に。頼経さんも県外の大学に進んだが、帰省のたび頼経さんの家に集い、お気に入りのラウドネスを演奏した。「大学2年の時だったかな、彼がボーカルスクールに通い始めたのは。高校時代と比べてさらに歌唱力が増していた」。

 大学の4年間を終え、稲葉さんはすぐに音楽の世界に進んだ。頼経さんはプロデビューを知った時、内心ほっとしたという。「大学生活でバンドに熱中していたのは分かっていたから、正直この世界に引き込んだ責任を感じていた。でも彼は本当に歌うのが好きだった」。

  ◇ ◇ ◇

 あれから約30年。活躍をテレビなどで見るのが楽しみの一つになった。「私もファンの一人」。頼経さんの自宅にはB’zの全てのCD、DVDがそろう。

 「何歳になってもステージに立ち続けてほしい」

 いまも頼経さんはギターを続け、これまでに何本も買い換えたという。高校から大学まで使い、2人と時を刻んだエレキギターは部分的にさびもきた。そのラウドネス・高崎晃モデルの真っ赤なランダムスターを手につぶやく。

 「これを見たら絶対懐かしむだろう。いつかどこかで、あの日のように皆で演奏してみたい」。

思い出が詰まったギターを手にする頼経さん
思い出が詰まったギターを手にする頼経さん
練習して臨んだ文化祭のステージ。中央が稲葉さん、右が頼経さん(頼経さん提供)
練習して臨んだ文化祭のステージ。中央が稲葉さん、右が頼経さん(頼経さん提供)


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG