注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

天高く幹を伸ばす姿に風格が漂い、雌株でギンナンを実らせている/岡山・真庭市

歴史・文化
         

 岡山県真庭市にあり、イチョウでは県下有数の巨樹とされる「観音堂のイチョウ」が見事に黄葉し、訪れる愛好者らを魅了している。

 月田川支流の谷間にそびえ立ち、樹高35メートル、幹周り8・8メートル、推定樹齢700年の市指定天然記念物。例年よりやや早く今月初めから徐々に色づき、大半が黄金色に染まった。天高く幹を伸ばす姿に風格が漂い、雌株でギンナンを実らせている。

 かつてあった別宮山八幡という寺の山門わきに植えられたと伝わり、名残りをとどめる観音堂が奥にあることから名付けられた。

 すぐ近くに住む農業・芦田知善さん(73)は「山中のため強い霜などに左右されやすいが、来週の中ごろまでは持つだろう」と話している。



>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG