注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

高田小学校 地域資源再認識

教育・保育・学校
         

 高田小学校(下横野)で23日、高田地域の水やため池、水路、井堰(せき)について学ぶ授業が開かれ、4年生19人が自分たちが住む地域の豊かな資源を再認識した。
 「下横野農地・水・環境向上を図る会」「大篠環境保全推進協議会」「上横野地区地域保全会」の代表者8人が講師を務め、水の流れについてのクイズや、高田の主な川の名前などを児童に質問した。米を作るために「水」は欠かせないものであり、雨が少ない年でも水が使えるようにする貯水池の大切さを説明。最後に「ため池は生き物を守り、稲作には欠かせない私たちの宝もの」とし「出掛ける時は絶対に一人でため池や危ない所に近付かないように」と呼びかけた。
 初川陽毘さんは「水やため池のことがよくわかった。池のおかげでみんなも助かっている」。樋口円花さんは「ため池は危険なところだけど、地域の大事な池だから宝と思われていることがわかった」と話した。
 同校では地域学習(総合学習)の一環で10年前からほぼ毎年実施しており、28日には、ため池・水路などでフィールドワークを予定している。

沖縄の方向に向かって黙とうする学生


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG