注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

津山青年会議所  池の8割以上繁殖したスイレンなどを清掃 「魅力的なまちづくりを」/岡山・津山市

イベント 衆楽園の池を清掃する参加者
衆楽園の池を清掃する参加者
         

 岡山県津山市山北の国名勝・衆楽園の池の水を抜いて清掃する「目指せ!衆楽園をモネの池に大作戦〜今こそ起こそうムーブメント」が15日、同所で開かれた。津山青年会議所(JC)が主催し、会員と津山圏域内に住むボランティア約170人が活動に励んだ。


 園内の池は、8割以上が繁殖したスイレンやヒシなどに覆われていて、水はよどみ、堆積した汚泥で異臭が発生する問題が起こっていた。JCは、SDGs(持続可能な開発目標)の「住み続けられるまちづくり」実現に向けた課題の一つとして提起。水の透明度と景観が美しいと言われる根道神社(岐阜県)参道の貯水池・通称「モネの池」にちなみ企画を立ち上げた。


 参加者たちはゴム製の衣服・胴長や腕カバー付き手袋を身に付け、グループに分かれて池の中へ。鍬(くわ)などで余分な水草を掘り起こし除去していった。


 美作高校2年・松浦楓さんと杉本美羽さんは「幼いころ来た時はきれいなイメージがあったが様変わりしていて残念に思った」「大変だったけど、少しでも元に状態にもどるように手伝いが出来てよかった」と話した。


 眞木祐治常任理事委員長は「津山のシンボルである衆楽園を守るのも魅力的な町づくりの一つ」と語っている。


 25日に報告、検討会を実施し、成果を検証する。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG