注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

第38回「津山第九演奏会」ソリスト公開オーディション

イベント オーディションに臨む出場者
         

 第38回「津山第九演奏会」(12月4日開催予定・岡山県津山市)に出演するソリスト(独唱者)を決める公開オーディションが15日、山下の文化センターで開かれた。アルト、ソプラノ、バスを担当する計9人が観客や審査員の前でのびやかな歌声を披露した。
 演奏会はコロナ禍の影響で中止ており開催は3年ぶりで、公開オーディションは今回初めて。県内外で活躍する18歳以上のプロやアマチュア13人の中から1次審査を通過した人がオーディションに参加した。主催する「津山第九をうたう会」の役員や指揮者が審査員を務めた。
 出場者はアルト4人、ソプラノ3人、バス2人。ピアノの伴奏に合わせて課題曲ベートーべン作曲の「交響曲第9番」と自身が選んだドイツ歌曲を歌った。
 津山第九をうたう会・秋山貴会長は「合唱や演奏との調和がとれていることが重要で、そこを判断しながら決めていく」と述べた。合格は各パート1人ずつで、決定次第、津山文化振興財団のホームページで発表する。
 また、約50人がオーディションの様子を観賞。合唱団に参加した経験のある菅原知美さん(50)=美咲町打穴中=は「久しぶりに聴けて良かった。高いレベルの人が集まっていて、演奏会の開催が楽しみ」と話した。

オーディションに臨む出場者


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG