注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

5月21日は二十四節気「小満」 小麦が穂をつける/岡山・津山市

二十四節気 穂を膨らませる小麦=岡山県津山市で
         

 あす21日は、二十四節気の「小満」。
草木が繁茂して万緑満ちるころとされ、麦が穂をつけて農家が安心(少し満足)するという意味合いもある。

 田園が広がる岡山県津山市上田邑の畑でも小麦が穂を膨らませ、薫風にそよいで豊穣の眺めを見せている。周囲からは時折、繁殖期に入ったキジのほろ打ちが聞こえてくる。

 「豊作だった昨年に続き、今季も実入りがいい」と栽培を手掛けて20年目になる日笠瑛十郎さん(76)=同所。穂が黄金に色づく来月半ばには収穫する。

穂を膨らませる小麦=岡山県津山市で


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG