注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

JR西日本岡山支社「おか鉄フェス2022」実施

イベント おか鉄フェスPRキャラクターのくまなく・たびにゃん
         

 JR西日本岡山支社は7月1日から、県などと連携した大型観光企画「岡山ディスティネーションキャンペーン」(7〜9月開催)に合わせて、鉄道の魅力を発信する「おか鉄フェス2022」を実施する。県内の各路線で多彩なイベントを12月下旬まで行う。
 美作地域では、津山線(岡山〜津山駅間)で新たな観光列車「SAKU美SAKU楽(さくびさくら)」が運行開始する。また、全線開通から90年になる因美線では、国鉄時代のノスタルジー車両で昭和初期から残る津山〜那岐駅間の木造駅舎を巡る「みまさかスローライフ列車」が3年ぶりに復活。7月23、24日、各日1往復する。ただし、那岐〜智頭駅は別途臨時列車として運行する。美作滝尾駅などで地域住民らによる催し物も開催する予定。
 大谷の津山まなびの鉄道館や津山駅周辺では、「おか鉄!ザ・鉄道体験in津山」と題して運転士が訓練に使うシミュレーターの操作や、モーターカーの乗車などのさまざまな体験ができるイベントを実施する。開催日は7月4日、9月5日、定員は30人で代金は1人22000円(さくびさくらの乗車賃などを含む)。日本旅行岡山支店のホームページから予約できる。
 同支社は「今年は鉄道開業150年、山陽新幹線岡山開通50周年など、メモリアルイヤーとなっている。利用する人たちに感謝を込め、鉄道を存分に楽しんでもらえるコンテンツを用意していく」としている。

おか鉄フェスPRキャラクターのくまなく・たびにゃん


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG