注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

津山市議会議員選挙 候補者アンケート/統一地方選挙2023

津山市議会議員選挙 特設ページへ戻る


候補者氏名設問と回答
ま る お  まさる
ま る お  勝
丸尾勝
Q1. 人口減少、少子高齢化への対策について
A1. 安全で安心して住み続けられる魅力ある津山のまちづくりを進め、 津山を選んでもらえる施策展開により少子高齢化と人口減少に歯止めをかける。
Q2. アフターコロナの施策について
A2. それぞれの地域が元気になることが一番。 地域ごとに住民同士が触れ合えるイベントや祭りなど、 地域のつながりをもう一度つくることから取り組む。
Q3. 産業振興策について
A3. 地域の基幹産業である農林業の振興と 「食」 と 「ものづくり」 に焦点を当てた産業振興をさらに推進する。
Q4. 文化、観光振興策について
A4. 歴史資源を掘り起こして整備するとともに広く活用する。 観光振興策としては、 地場産食材を活用した新たな津山名物をつくるとともに、 食べ歩きができる環境整備を進めたい。
Q5. あなたの信条、好きな言葉
A5. 利他の心

候補者氏名設問と回答
 まつ もと  よしたか 
松 本  よ し た か
松本義隆
Q1. 人口減少、少子高齢化への対策について
A1. 第2子以降を出生した後に100万円を支給する。 子育て支援を手厚く充実させる。 高齢者への対策は、 1人暮らしの高齢者への気遣い。 困窮世帯へ支援の充実。
Q2. アフターコロナの施策について
A2. (回答なし)
Q3. 産業振興策について
A3. 農業振興で活性化。 儲かる農業で農家再生。 新しい視点で企業誘致。
Q4. 文化、観光振興策について
A4. いまある文化を生かし、 新しい文化の取り入れ。 各種イベントなど幅広く開催し、 交流人口を増やし観光振興につなげていく。
Q5. あなたの信条、好きな言葉
A5. 為せば成る、努力

候補者氏名設問と回答
つ もと   た つ み
津 本  た つ み
津本辰己
Q1. 人口減少、少子高齢化への対策について
A1. 結婚・出産・子育て・地域経済を支える 「生産労働人口」 の拡大→雇用の場の拡大、 新産業用地の造成。 津山市独自の人材育成、 市域経済に必要な人材育成機関の設置。 子育て世代への支援、 給付型支援から18歳までの経済的支援。
Q2. アフターコロナの施策について
A2. 観光振興、 移住対策
Q3. 産業振興策について
A3. 地域産業は多岐にわたり具体的な振興策は異なってくるが、 まずは地域の優位性を生かした基盤産業 (ステンレス加工・農産加工・観光など) を確立し、 域外マネー (外貨) を稼ぐ。
Q4. 文化、観光振興策について
A4. 官民連携による歴史的資源を活用した観光まちづくり→文化財や江戸・明治・大正期の古民家など、 歴史的資源を 「保存活用」 し、 その歴史的背景など価値を最大限に生かし、 民間活力を活用した施策を実施。
Q5. あなたの信条、好きな言葉
A5. 初心忘るべからず、温故知新
候補者氏名設問と回答
おか だ  やす ひろ
岡 田  康 弘
岡田康弘
Q1. 人口減少、少子高齢化への対策について
A1. 出生率の低下が要因となっているが、 その出生率の低下を引き起こしているのが未婚化、 晩婚化の進行によるものが大きい。 そのためには自治体で婚活支援事業に取り組む必要がある。
Q2. アフターコロナの施策について
A2. 病原性などに応じた柔軟な対応 (行動計画・ガイドラインの見直し)、 感染症危機管理に関わる体制の強下 (国立感染症研究所・検疫所・地方衛生研究所など)
Q3. 産業振興策について
A3. 人口の定着化のためには産業施策が不可欠である。 先端技術や専門知識を持つ企業・人材との協働で住民主体化、 DX化、 グリーンツーリズムといった取り組みの輪を広げていってはどうか。
Q4. 文化、観光振興策について
A4. 観光経営における戦略策定、 地域資源の発掘・磨き上げ、 地域への誘客促進、 インバウンド受け入れ環境整備
Q5. あなたの信条、好きな言葉
A5. 有言実行
候補者氏名設問と回答
か つ う ら   まさ き
か つ う ら  正 樹
勝浦正樹
Q1. 人口減少、少子高齢化への対策について
A1. 子育てをしながら働きやすい社会となるよう地場企業と連携。 高齢者が安心して生活できる環境の整備を町内会組織と行政が協力して進める。
Q2. アフターコロナの施策について
A2. 地方移住者の受け入れ体制を強化し、 空き家や農地の取得と有効活用を促す。
Q3. 産業振興策について
A3. 津山市はステンレスやメイドイン津山を中心としたものづくりの町。 今後不足する職人の育成に力を注ぎ、 全国から発注される多種多様な製品を生産できる体制を構築。
Q4. 文化、観光振興策について
A4. 梅の里公園、 道の駅久米の里、 阿波のグランピングなど多くの人に訪れていただいている。 地域イベントなどの受け入れ策の充実とおもてなしで津山の魅力アップに努める。 博物館都市の実現を市民一丸で進める。
Q5. あなたの信条、好きな言葉
A5. 信業=筋を通した生き方をする
好きな言葉=七転八起
候補者氏名設問と回答
よし だ   こ う ぞ う
吉 田  こ う ぞ う
吉田耕造
Q1. 人口減少、少子高齢化への対策について
A1. 全国自治体の課題だが、 先ず若者の定住が大きなウエイトを占めると考える。 独自の子育て支援はもとより津山市の魅力アップ、 総合力が問われている。
Q2. アフターコロナの施策について
A2. 津山市独自の政策ではなく、 思い切った国の政策が必要。
Q3. 産業振興策について
A3. 企業誘致による経済活性化と新産業による雇用の確保が重要。 例えば、 面積の70%が森林である津山市として、 木材を利活用した新産業の開発、 また津山高専や美作大学等の高等教育機関との連携による新産業の育成などが重要。
Q4. 文化、観光振興策について
A4. 城下、 城東・城西地区の町なみ整備、 まちじゅう博物館構想の具現化などが重要である。
体験型の観光地を目指し、 大型の観光でなく、 ニッチ (すきま) な観光地を目指すべきと考える。
Q5. あなたの信条、好きな言葉
A5. 「あたりまえのこと」 を 「ていねい」 に
候補者氏名設問と回答
かね だ  と し ひ さ
金 田  と し ひ さ
金田稔久
Q1. 人口減少、少子高齢化への対策について
A1. 物心両面の子育てサポート体制。 一時的な給付金よりも義務教育での教材費負担軽減を実現させたい。 また、 健康寿命を延ばす医療体制作りを実現させたい。
Q2. アフターコロナの施策について
A2. 新しいカタチへの移行が誰一人取り残すことのない行政サービスと経済立て直しのための支援制度。 皆が自立できるサポート体制を作り上げたい。
Q3. 産業振興策について
A3. 「人口増」 の時代は 「所得増」 の時代でもあった。 収益性を高める仕組み作りの指導体制を金融・経済団体と取り組み、 所得増となる産業育成と地場企業育成から組み立てたい。
Q4. 文化、観光振興策について
A4. 鉄道遺産、 食文化、 地形・景観や史跡などを生かし、 関西、 山陽・山陰の周遊観光の1ページを作る企画と体制づくり。
Q5. あなたの信条、好きな言葉
A5. 人の幸せを見るのが幸せ、 人の喜びを見るのが喜び
候補者氏名設問と回答
あき ひさ  け ん し
秋 久  け ん し
秋久憲司
Q1. 人口減少、少子高齢化への対策について
A1. 子育て中の若い親の方の意見 (ニーズ) をよく聞いて、 様々な負担を軽減し、 総じて子育てに安心感をもっていただける様なサービス体系を作り上げる事が大切。
Q2. アフターコロナの施策について
A2. 地域の人々が集ったり、 活動する事が少なくなりました。 人と人とのつながりがまた豊かになる様、 行政も支援をすべきです。
Q3. 産業振興策について
A3. 市内の消費活動は、 市内でお金が回り外へ出ない仕組みづくりが大切です。 その事によって、 市内の生産・営業活動も活性化します。
Q4. 文化、観光振興策について
A4. 津山市の誇るべき歴史・文化・芸術を大切にし生かす事で市民生活が潤いあるものとなり、 品格ある観光地につながります。
Q5. あなたの信条、好きな言葉
A5. 漢文 「和楽如春風」、 和文 「和楽春風の如し」。 意…皆が和やかで楽しい様は春風の様に心地よい。
候補者氏名設問と回答
はら  ゆ き の り
原  ゆ き の り
原行則
Q1. 人口減少、少子高齢化への対策について
A1. 子育て応援トータルプランの実施
Q2. アフターコロナの施策について
A2. 観光支援など人流の増加政策
Q3. 産業振興策について
A3. 〇域内企業の成長支援
〇新たな企業誘致
〇農林業の支援強化
Q4. 文化、観光振興策について
A4. まちじゅう博物館など、 歴史文化の薫り高い津山を発信
Q5. あなたの信条、好きな言葉
A5. 報恩感謝
候補者氏名設問と回答
すえ なが  ひろ ゆき
末 永  弘 之
末永弘之
Q1. 人口減少、少子高齢化への対策について
A1. ・学校給食費無料化・保育料無料化・子どもの国保料無料=三つゼロの実現。 教育費の負担軽減など教育、 福祉、 医療体制の充実で 「住んでよかった、 住み続けたい町づくり」 を進める。 若い世代の定住化を促進する。
Q2. アフターコロナの施策について
A2. 医療体制の強化などコロナから市民の命を守る。 コロナと物価高で事業や生活に影響を受けている事業者や市民への支援を進める。
Q3. 産業振興策について
A3. 地域経済の主役は小規模事業、 農林業。 ふさわしい支援と振興、 後継者の育成など支援策を強化する。
Q4. 文化、観光振興策について
A4. 古い町並み、 懐かしさを感じる風情など、 津山の歴史と文化を生かした観光政策。
Q5. あなたの信条、好きな言葉
A5. 信条=なんでも一生懸命
好きな言葉=歳月人を待たず
候補者氏名設問と回答
にし の  しゅう へい
西 野  修 平
西野修平
Q1. 人口減少、少子高齢化への対策について
A1. 雇用対策の為、 企業の育成・企業の誘致を進める。 そして、 農業対策として外国人の農業労働者を移入すべき。
Q2. アフターコロナの施策について
A2. DMOを活用し観光振興に力を注ぎ、 観光客を増やし宿泊客を確保する。
Q3. 産業振興策について
A3. 津山中核工業団地、 大和ハウス分譲地に企業を立地させる事と農林業をしっかり守って安心安全な食料・環境対策に力を注ぐ事
Q4. 文化、観光振興策について
A4. 津山の歴史文化と文化財を生かし観光客を呼び込む事
Q5. あなたの信条、好きな言葉
A5. 誠意、 勤労、 見識、 気魄
候補者氏名設問と回答
こ ん ど う  き いち ろう
こ ん ど う 吉 一 郎
近藤吉一郎
Q1. 人口減少、少子高齢化への対策について
A1. 子育て世代が将来にわたる展望を描ける環境づくりが大事。 保育施設への支援、 児童クラブのよりよい環境を整備し、 また女性が社会進出しやすい社会を構築しなければならない。 高齢者においては国民健康保険などが値上げになり、 今の物価高で年金では生活が困難になっている。 国保の値下げやバリアフリーなど高齢者にやさしいまちづくりをしなければならない。
Q2. アフターコロナの施策について
A2. 後遺症などで社会復帰できない方、 仕事を失った方に対して救済措置を行う。
Q3. 産業振興策について
A3. 津山の特色を生かし産業振興に貢献している個人事業主を支援する施策を行う。
Q4. 文化、観光振興策について
A4. 合併した市域には豊かな自然に恵まれた観光資源がある。 それをしっかり活かして津山の自然に触れてもらうようPRすべき。
Q5. あなたの信条、好きな言葉
A5. 継続は力なり
候補者氏名設問と回答
むら かみ  ゆ う じ
村 上  ゆ う じ
村上祐二
Q1. 人口減少、少子高齢化への対策について
A1. 国の 「異次元の少子化対策」 を注視したい。 そして、 女性の仕事・結婚・子育てなどの環境整備と支援を充実させる。 高齢者が気軽に活躍・活動できる居場所を設置する。
Q2. アフターコロナの施策について
A2. 第9波を意識しながら、 Web会議と対面会議などメリットを重視して使い分け、 自粛や中止していた活動を再開させる。
Q3. 産業振興策について
A3. 未来を切り開く意欲ある地域事業者のチャレンジを支援することで、 魅力ある雇用を創出し、 地域経済の活性化を図る。
Q4. 文化、観光振興策について
A4. まちじゅう博物館構想を推進させ、 歴史・文化 、自然・食などの 「津山らしさ」 で誘客を図り、 外貨の獲得と雇用の増加につなげる。
Q5. あなたの信条、好きな言葉
A5. 「為せば成る、 為さねば成らぬ何事も」 を信条としてすべてに取り組んできた。 これは今後も不変で最後は 「人間力」 で勝負。

候補者氏名設問と回答
かわ むら   よ し の り 
河 村  よ し の り
河村美典
Q1. 人口減少、少子高齢化への対策について
A1. 〇充実した教育環境ほか安心安全な子育て環境の整備〇若者の定住・移住促進を図るための雇用創出、 起業支援〇奨学金制度の充実による高等教育機関卒業生のIUターン促進〇家族団らん子どもたちの笑顔が広がる公園機能の向上と充実
Q2. アフターコロナの施策について
A2. 〇観光振興ならびにスマート社会の構築〇地域連携、地域教育力の向上による共に支え合う社会の実現〇公共交通などのあり方見直し〇脱炭素社会に向けた市民生活の構築
Q3. 産業振興策について
A3. 〇安全保障、 災害防止にも重要な農林業支援
〇アルネ津山ならびに中心市街地のあり方見直し
Q4. 文化、観光振興策について
A4.〇城下、 城東、 城西地域など歴史遺産を生かした誘客促進や自然体験施設の充実〇中学校部活動の地域移行を見据えた文化・スポーツ団体の活動支援
Q5. あなたの信条、好きな言葉
A5. 千里の道も一歩から
候補者氏名設問と回答
なか しま  かん いち
中 島  完 一
中島完一
Q1. 人口減少、少子高齢化への対策について
A1. 子育て世帯と高齢者世帯の負担軽減策として、 下水道接続工事費への補助制度創設。 保育環境整備として公立保育所の定員増と保育士の増員。 入所要件の共働き家庭優先の解消。
Q2. アフターコロナの施策について
A2. コロナで疲弊した中小企業、 特に観光関連業者、 飲食店に対する支援策を充実させ、 無利子融資などきめ細かな相談体制を整える。 地域課題をビジネスの手法を用いて解決するソーシャルビジネスを展開し、 若者の定住を図る。
Q3. 産業振興策について
A3. 新産業団地へのDⅩ、 GⅩ関連企業の誘致。 津山ブランドを確立し、 地場企業を育成する。 農林業分野のスマート化の促進。
Q4. 文化、観光振興策について
A4. 宿泊施設の整備充実と城東、 城西の両重伝建地区をめぐる観光ルートの確立。 スポーツ文化人材を育成するための基金の創設。
Q5. あなたの信条、好きな言葉
A5. 誠心誠意
候補者氏名設問と回答
 ひ ろ た に  けい こ
ひ ろ た に 桂子
広谷桂子
Q1. 人口減少、少子高齢化への対策について
A1. 公明党は 「子育て応援トータルプラン」 を取りまとめ、 少子高齢化、 人口減少を食い止めることにつなげていく。
Q2. アフターコロナの施策について
A2. 観光産業の強化を推進していく。
Q3. 産業振興策について
A3. つやま産業支援センターのさらなる活性化。
Q4. 文化、観光振興策について
A4. 二つの重伝建を周遊できるような取り組み。 まちじゅう博物館構想の推進。
Q5. あなたの信条、好きな言葉
A5. 笑顔は人間が咲かせることのできる花である。
候補者氏名設問と回答
み う ら   ひ ら く
み う ら  ひ ら く
三浦ひらく
Q1. 人口減少、少子高齢化への対策について
A1. 約40年後には人口5万人を割る見通しの中、 財政圧縮は必須。 どんな事業にどれだけ費やされ、 効果はどうだったか、 津山の未来を議論する議会の役割はより大きくなる。 何をや
っているのかわからない議員は不要。 議会改革を進めることこそが、 よりよい津山への第一歩。
Q2. アフターコロナの施策について
A2. いつまた感染症が脅威となるか誰にもわからない。 教訓を生かし、 状況に拘束されつつ状況改善していける備えが必要。 安心と安全、 そしてを命を守るという大前提を維持しつつ、 同時に暮らしを守っていくための実効性の高い施策を打つためにも、 まずは議会改革。
Q3. 産業振興策について
A3. 市外資本流入の呼び水となるような施策が必要。
Q4. 文化、観光振興策について
A4. 文化振興、 観光振興は目的から見つめ直し、 制度設計すべき。
Q5. あなたの信条、好きな言葉
A5. 人生感意気
候補者氏名設問と回答
まさ おか  あ き ひ ろ
政 岡  あ き ひ ろ
政岡哲弘
Q1. 人口減少、少子高齢化への対策について
A1. 各項目に共通して、 津山市独自といえる取り組みが必要である。 移住・定住を促進するための施策実施を行う。例えば、学力の向上がその誘因となる。
Q2. アフターコロナの施策について
A2. コロナ禍で変容した働き方や生活習慣に対応するために、 DXを推進した行財政改革を図り、 行政サービスの向上と、 住みやすい地域社会の構築に資する。
Q3. 産業振興策について
A3. ICT環境を整備し、 多様なビジネス機会を創出する。 また、 新規起業者を支援すると共に、 本市縁(ゆかり)の事業者を支援していく。
Q4. 文化、観光振興策について
A4. 郷土愛と高い倫理観に裏付けられた地域活動により、 本市の多様な文化・歴史財産を世界にアピールしつつ、 次世代に繋いでいく。
Q5. あなたの信条、好きな言葉
A5. 「知行合一」 「天下為公」
候補者氏名設問と回答
ほ か ぞ の  ち あき
ほ か ぞ の 千 晶
外薗千晶
Q1. 人口減少、少子高齢化への対策について
A1. 公明党の 「子育て応援トータルプラン」 を進め、 人口減少、 少子高齢化に対抗していく。
Q2. アフターコロナの施策について
A2. 電気代、 原材料高騰への対策を進める。
Q3. 産業振興策について
A3. 産業支援センターのさらなる活用により市内の産業の活性化を図る。
Q4. 文化、観光振興策について
A4. 二つの重伝建を中心に、 文化的環境整備を進め、 観光客の誘致を進める。
Q5. あなたの信条、好きな言葉
A5. 報恩感謝
候補者氏名設問と回答
ま さ お か   だい すけ
ま さ お か  大 介
政岡大介
Q1. 人口減少、少子高齢化への対策について
A1. 出産時の大胆な支援、 第2・3子出産時にも他自治体にない魅力ある支援を。 給食費の全額公費負担。 体の不自由な方への往診治療や介護タクシーの充実。 敬老の日 (80歳以上)に1万円の現金配布。
Q2. アフターコロナの施策について
A2. 市民がコロナ収束後、 津山市の経済に少しでも貢献できるような交付金が必要。 中心市街地で津商モールのようなイベントを定期的に開催し、 景気回復のきっかけづくり。
Q3. 産業振興策について
A3. 企業誘致も良いが、 地元にお金がストレートに落ちる地元企業を応援し、 津山市の企業を全国にアピールする。
Q4. 文化、観光振興策について
A4. 津山市の豊富な文化、 観光財産を、 昼間の観光~夜の食事~宿泊 まで上手に全国に発信。 関西圏からの観光客を津山駅から名所へバスで案内。
Q5. あなたの信条、好きな言葉
A5. 市民の代弁者、 是々非々
候補者氏名設問と回答
しらいしまこと
白 石  ま こ と
白石惇与
Q1. 人口減少、少子高齢化への対策について
A1. 子育て世代が住みやすい環境づくりを目指す。 まず第一に考えているのは、 給食費を高校生まで無償化すること。
Q2. アフターコロナの施策について
A2. 5月8日に新型コロナはインフルエンザなどと同じ 「5類」 に変わるので、 移行後は一部が自己負担となるため、 市で負担できないか考える。
Q3. 産業振興策について
A3. 私たちが以前、 映画でお世話になった 企業などのIT産業を津山に誘致する。 アルネを中心としたITビルを考える。
Q4. 文化、観光振興策について
A4. 津山 城西 街づくりをますます進め、城西若僧会」 とタイアップしてお寺でコンサートなどをして観光客の集客を考える。
Q5. あなたの信条、好きな言葉
A5. 鶏口と成れど牛後になる勿れ (祖父・白石哲の遺言)
候補者氏名設問と回答
ふく しま つよし
福 島  剛
福島剛
Q1. 人口減少、少子高齢化への対策について
A1. 〇教育環境の充実 (質の向上) を図り、 津山市に子育て世代の人を呼び込む。
〇子どもに対する体罰など、 一般社会では刑法犯に相当する行動を起こした教員への厳罰化。
〇公費負担により教育の完全無償化を目指す。
〇会計年度任期付職員を減らして正職員に転換することにより、 生活基盤の安定した人を増やす。
Q2. アフターコロナの施策について
A2. 〇感染拡大に注意を払った上で観光客の受け入れを拡大していく。
〇無駄となる検査、 過剰な対応を減らす。
Q3. 産業振興策について
A3. 〇津山市オリジナルの農産業製品の拡販及びPRを行う。
Q4. 文化、観光振興策について
A4. 〇地元で全国、 世界に向けて 「津山市」 のことを発信できる人を育成する。 (外部に頼らない)
Q5. あなたの信条、好きな言葉
A5. 為せば成る、 為さねば成らぬ何事も、 成らぬは人の為さぬなりけり。 NHKをぶっこわす
候補者氏名設問と回答
いち  ま な み
市  ま な み
市真奈美
Q1. 人口減少、少子高齢化への対策について
A1. 農業や介護などの担い手不足を若年無職者 (中高年も) やシングルマザーなどの生活支援と合わせて取り組み、 市内はもとよりUターン・Iターンを含めて津山に住んでもらえる環境をつくる。
Q2. アフターコロナの施策について
A2. まずはマスクをしなくてよかったコロナ前の状態を戻し、 人とのかかわりを増やす。
Q3. 産業振興策について
A3. 新型コロナで企業のサプライチェーンの再構築や国内回帰が進んでいる中、 災害の少なさなどをアピールして企業誘致を推進する。 地元産業を見直す。
Q4. 文化、観光振興策について
A4. 既存の観光資源プラス津山独特のキリスト教文化など新たなアプローチを使ったり、 津山を知らない市外の観光客の目線で、 興味を引く発信をSNSなどで分かりやすく行う。
Q5. あなたの信条、好きな言葉
A5. 日々是精進
候補者氏名設問と回答
うえ やま  は る う み 
上 山  は る う み
上山春洋
Q1. 人口減少、少子高齢化への対策について
A1. 2042年、 高齢者人口がピークを迎えると言われており、 人口流出を食い止め、 伝統的な産業、 文化を伝えていき、 郷土愛を育むきっかけを作っていく。 妊娠、 出産支援を充実させ、 安心して出産、 子育てができるまちを創る。
Q2. アフターコロナの施策について
A2. コロナが落ち着いた昨今だが、 未だ飲食業、 観光業などはダメージを受けている。 支援を止めることなく、 さらに充実させる。
Q3. 産業振興策について
A3. 津山市の食文化・企画型の催事などを開催し、 地域住民、 観光客など広く魅力を感じられるまちづくりを行う。
Q4. 文化、観光振興策について
A4. 津山市の魅力的な文化・文化財を活用し、 文化都市津山市として観光客の誘致を行う。 インナーブランディングに力を入れ、 PRを行う。
Q5. あなたの信条、好きな言葉
A5. 頼まれごとは試されごと。
候補者氏名設問と回答
たか はし  と し は る 
髙 橋  と し は る
髙橋寿治
Q1. 人口減少、少子高齢化への対策について
A1. 国の少子化対策が急務。 津山市の子育て支援事業拡充と婚活支援を通じ、 よきパートナーとの出会いをサポート。
Q2. アフターコロナの施策について
A2. 制限のない行動の推奨。 疲弊した全ての企業への支援を国に要望するとともに市が出来る施策を実行。
Q3. 産業振興策について
A3. 農地集積と基盤整備事業を推進し農業法人、 農業士などへの継承で農業、 農地を守る。 企業誘致推進は引き続き必要。 産業支援センターを通じ、 各業種の地場企業への支援が重要。
Q4. 文化、観光振興策について
A4. 郷土博物館、 2カ所の重伝建地区を発信元に津山の歴史・文化を広める。 「春は津山」 をはじめ季節ごとのイベント継続で、 切れ目のない集客を行い市内回遊につなげる。
Q5. あなたの信条、好きな言葉
A5. 生きているということは 誰かに借りをつくること。 生きていくということは その借りを返していくこと
候補者氏名設問と回答
もり おか  かず お
森 岡  和 雄
森岡和雄
Q1. 人口減少、少子高齢化への対策について
A1. 若者の移住定住を増やすための対策を立て、 農林業や産業、 地域づくりの後継者対策を推進。 高校卒業までの学費、 保育料、 医療費、 給食など出来るだけ負担を少なくする。
Q2. アフターコロナの施策について
A2. 経済再生へ、 農林業、 地場産業の振興、 人材育成に力を注ぎ、 拠点都市としての利点を生かした企業誘致を図り地域の活力・雇用を創出。
Q3. 産業振興策について
A3. つやま和牛のさらなる発展と普及。 農畜産連携や集落営農、 農業法人の育成に力を入れ、 耕作放棄地の解消と農地再生、 津山産のブランド化を図り、 農家の所得向上に努める。
Q4. 文化、観光振興策について
A4. 津山城天守閣復元のための基金作りを提案。 天守閣をランドマークとすることで観光振興だけでなく、 次代を担う子供たちに郷土津山に対する誇りを醸成。
Q5. あなたの信条、好きな言葉
A5. 愛深ければ為すこと多し
候補者氏名設問と回答
てら さか   の り こ 
寺 坂  の り 子
寺坂典子
Q1. 人口減少、少子高齢化への対策について
A1. リモートワークの普及や地方回帰意識の高まりに地方への人の流れが加速しています。 移住・定住の促進、 子育て支援を充実させることで子育てしやすい街津山へ。
Q2. アフターコロナの施策について
A2. コロナ禍で体力低下の産業の立て直し。 中小企業・小規模事業者への支援。 観光の振興→誘客と観光消費の拡大。
Q3. 産業振興策について
A3. 地域資源を生かした産業の支援。 産業の活力を取り戻すため、 中小企業・商店街を支援して雇用を創出。
Q4. 文化、観光振興策について
A4. 伝統文化を支援して地域の魅力を発信。 文化財・歴史遺産を活用した観光まちづくり。 観光客のために無料駐車場の整備
Q5. あなたの信条、好きな言葉
A5. 「今を生きる」今、 何をやるか これから何をやれるか 何かにワクワク出来るか
候補者氏名設問と回答
みい み    み ち こ 
美 見  み ち 子
美見みち子
Q1. 人口減少、少子高齢化への対策について
A1. 子育て支援三つのゼロ (学校給食無償化。 3歳未満の保育無償化。 子どもの国保料 [均等割] 無料化) の実施。 高齢者支援で、 公共交通網の充実、 加齢性難聴者への補聴器購入補助、 国保料・介護保険料の軽減。
Q2. アフターコロナの施策について
A2. 保健所の人員を増やし、 感染症に対応できる病院確保、 検査体制強化。 収入の減った個人や中小企業への支援。
Q3. 産業振興策について
A3. 地元農産物の給食食材への活用、 地元木材の公共事業への活用。 直売所への支援強化。 空き店舗対策、 商店リフォーム助成の促進。
Q4. 文化、観光振興策について
A4. 現役世代や子どもたちの文化活動、 NPOやサークルなどの活動支援で、 ホールや展示場の利用料低減。 文化財の保存・修復への支援、 文化遺産、 歴史的景観の保護。
Q5. あなたの信条、好きな言葉
A5. 一人で十歩進むより十人で一歩進もう!!
候補者氏名設問と回答
た ぐち  こう じ
田 口  浩 二
田口浩二
Q1. 人口減少、少子高齢化への対策について
A1. 「出生祝い金」 制度を創設し多子を持ちたいと思える制度を作るとともに、 教育・医療・介護・子育て・障害者福祉など誰もが必要とするサービスに対する助成制度の創設。
Q2. アフターコロナの施策について
A2. 中止されていた地域での事業の再興を促進し、 共助が中心となる強い地域コミュニティ
ーを創り出す。
Q3. 産業振興策について
A3. 本市にある高等教育機関と協働し起業家を育てながら、 もともとある企業の持つ技術を連携し新たな産業基盤を構築する。
Q4. 文化、観光振興策について
A4. 各地にある伝統文化を掘り起こし、 横連携をしながら技能の伝承と保存に努め、 インバウンドを含めて情報発信をしながら、 様々なイベントにおいて伝統芸能を外に対して宣伝していく。
Q5. あなたの信条、好きな言葉
A5. いつも挑戦者であり、 全力で取り組む。 有言実行
候補者氏名設問と回答
こう もと  ひ で と し 
河 本  ひ で と し
河本英敏
Q1. 人口減少、少子高齢化への対策について
A1. ▽県北津山の企業に賃金水準を大きく上げるための政策▽子育て中の母親へ年100万円と子どもの成長に合わせて幼稚園・保育園に入園、 小中高入学時に祝い金の支給▽介護の充実
Q2. アフターコロナの施策について
A2. 健康保険制度の中にコロナ対応を変異株対応は国の責任で。
Q3. 産業振興策について
A3. 誘致企業への税負担の軽減と兼業農家への支援を拡充。
Q4. 文化、観光振興策について
A4. ▽県北津山に見られる反社会的組織、 組員の排除が第一の取り組み▽地域住民の合意と協力を第一に振興策に取り組み、 情報発信を十分に。
Q5. あなたの信条、好きな言葉
A5. 人を騙さない
この世は、 自分を捜しにきたところ
だめなことはだめ

津山市議会議員選挙 特設ページへ戻る

>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG