注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

 岡山県津山市まち・ひと・しごと創生総合戦略の取り組みを検証する市地域創生推進会議

行政・公共
         

 第2期「津山市まち・ひと・しごと創生総合戦略(2020〜24年度)の取り組みを検証する、市地域創生推進会議(会長・中村良平岡山大大学院特任教授)社会環境分科会が、津山市役所で開かれ、昨年度の進ちょく状況を踏まえて意見を交わした。
 総合戦略の2大目標は▽人口減少・少子化を食い止め、人口構造の若返りを図り、まちの活力を創出する▽住み続けたい・住んでみたい、誇りに思えるまちを実現する。19の数値目標と、基本目標ごとに設置されたKPI(重要業績評価指数)124項目について昨年度実績の報告があった。
 「取組強化・改善」が必要となった数値目標は9で▽林業従事者数▽年間観光客入込数▽婚活事業でのマッチング数▽新規学卒者の地域内就職者数▽合計特殊出生率▽全国学力調査で偏差値50を小中学校ともに超える。
 「取組強化・改善」が必要となったKPIは46で、主に▽地域商社の売上高▽移住相談・体験などによる県外からの移住決定者数▽まちなか子育て支援拠点の利用者数▽市民のマイナンバーカード取得割合―など。
 行政や大学、労働、子育て関連団体などの有識者でつくる分科会メンバー10人が出席。委員からは「小さなニーズに対応する事業を増やして」「現状を踏まえた地域力アップの仕組みづくりを」―といった声が上がった。
 同会議は経済分科会、社会環境分科会に分けて年1回開催。
写真
意見を交わす推進会議のメンバー


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG