注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

「これが今後のスタンダードとなる!」 「湯のまちトイレ」整備 ヒノキなど県産材活用/岡山・美作市

行政・公共 テープカットし、供用を開始した湯のまちトイレ=岡山県美作市で
テープカットし、供用を開始した湯のまちトイレ=岡山県美作市で
         

 岡山県美作市は、湯郷温泉街の中心部にこれまでなかった公衆トイレ「湯のまちトイレ」を整備し10日、供用を開始した。

 観光案内所西側の民有地を取得して5月に着工し、ヒノキなど県産材を活用した木造平屋建て62平方メートルを建設。男性用、女性用、多機能トイレを配し、各個室にはフィッティングボード(着替え台)、多機能のスペースには幼児用便器や折りたたみ式ベッド、人工肛門保有者用のオストメイトを備え、女性用にはパウダーコーナーもある。湯郷温泉観光協会に管理を委託し、利用時間は午前6時~午後9時。時間外は自動ドアが施錠、消灯される。総事業費は5700万円(用地代を含む)。

 この日は落成式があり、萩原誠司市長が「全国の観光地がトイレのレベルアップに取り組む中、地域の要望を受けて整備した。これが今後のスタンダードとなる」とあいさつ。関係者とともにテープカットして供用開始を祝った。

多機能トイレのスペース=岡山県美作市で
多機能トイレのスペース=岡山県美作市で


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG