注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

コミバス運行ルートを延長 ニーズ踏まえて他市に乗り入れ ICOCAも使用可能に/岡山・津山市・真庭市

行政・公共 真庭市のJR美作追分駅に乗り入れを始めている「ごんごバス」久米線
JR美作追分駅に乗り入れを始めている「ごんごバス」久米線=岡山県真庭市で
         

 岡山県津山市のコミュニティバス「ごんごバス」の久米線は4月1日からルートを延伸し、同県真庭市上河内のJR美作追分駅に乗り入れている。JR姫新線や真庭市コミュニティバス「まにわくん」との連携を図り、利便性を向上させた。

 

 久米線は国道181号を走る路線で、これまで、久米地域西端の追分口〜久米支所前〜旧市内西部のマルナカ院庄店を結んでいた。3月に策定した地域公共交通計画に基づき、ニーズも踏まえて、追分口から市境を越えて約700メートル延長し、始発を美作追分駅に設定した。同駅には、まにわくんの勝山・追分ルートと久世・河内ルートが発着している。

 

 交通系ICカード「ICOCA(イコカ)」の利用も可能になった。また、宮尾郵便局や久米診療所へのアクセス改善のため、宮尾郵便局前バス停を新設した。追分口停留所は廃止した。便数は1往復減り、1日3往復。

 

 併せて、ごんごバスマルナカ西循環線の全便が鏡野町に乗り入れを開始。これにより、西循環線の全ての便が同町(プラント5や鏡野病院など)へ運行することになり、充実が図られた。


 市商業・交通政策課は「久米線は真庭方面への利便性向上と合わせて、医療機関への利用もしやすくなった。移動手段を持たない住民のみなさんに使ってもらいたい」としている。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG