注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

「一日小坊主さん」 子どもたちが寺の修業を体験

教育・保育・学校
         

 子どもたちが寺の修業を体験する「一日小坊主さん」が19日、鏡野町上森原の極楽寺(表江智彦住職)で開かれ、参加者は白衣と腰衣(こしごろも)に着替え、心身の修練に励んだ。
 町内や津山市内に住む小学1〜3年生9人が参加。集中した様子で快典副住職(28)の話を聞き、経の唱え方を学んだり、座禅を組んだりした。写経では、正座して机に向かい、静かに般若心経を書きとっていた。保護者らと一緒に数珠回しを行った後、本堂に移動。千手観音像の前で、経本を手に「南無大師遍照金剛」などと唱えた。
 東小3年・黒瀬馳来君(8)は「お坊さんの仕事に興味があったからとても楽しかった。写経では学校で習っていない漢字を知って面白かった」と話した。
 青少年の健全育成や夏休みの思い出づくりなどを目的に26年前から毎年開催している。新型コロナウイルス感染防止のため、恒例だった川遊びを中止し、時間を短縮するなど規模を縮小して実施した。

数珠回しを行う小学生たち


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG