注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

「世界アルツハイマーデー」ライトアップ

医療・福祉
         

 認知症への理解や支援を呼びかける「世界アルツハイマーデー」(21日)に合わせ、山下の津山城で14日、啓発活動の象徴となるオレンジ色の光のライトアップが始まった。21日まで。
 津山市社会福祉協議会地域包括支援センターが企画し、3年目。日没から午後10時までの間、北側の石垣が照らされる。同センターは「多くの人が関心を持ち、認知症の人の支援や啓発に取り組むきっかけになれば」と話している。
 22〜30日には、美作大学でも行われる。国際アルツハイマー病協会(本部・イギリス)が世界保健機関(WHO)と共同で1994年に世界アルツハイマーデーを定めた。国内でも各地の名所やランドマークがライトアップされる。
P
オレンジ色に照らされた津山城の石垣


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG