注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

公募事業採択へプレゼン 住民らが活性化や課題解決策アピール 200万円上限に補助へ/岡山・津山市

行政・公共 協働事業の取り組みを説明する企業の代表者
協働事業の取り組みを説明する企業の代表者=岡山県津山市で
         

 住民団体などが主体に岡山県美作県民局と進める本年度「美作国創生公募提案事業」のプレゼンテーション審査会が25日、同県津山市山下の同局であり、7団体が地域の活性化や課題解決に向けた取り組みをアピールした。5月上旬をめどに採択事業を決定する。

 

 13件の応募から書面審査を経た管内のNPO法人や団体、企業などの代表者が参加。それぞれ、交通弱者外出支援の仕組みづくりの講習、中高生に向けた進路相談会、全国植樹祭と持続可能な森林・林業のPRイベントといった事業の概要と目的を10分間の持ち時間で説明した。


 有識者7人の審査委員が「受講者への周知、受講後のフォローは」「当事者に信頼してもらえる実績はあるか」「狙いはイベント盛り上げか、若い人材の掘り起こしなのか」などと質問し、公益性、先駆性、継続性といった観点から採点した。

 

 県民局の同事業は恒例で実施し、本年度は「交流・定住人口の創出」をはじめ多様なテーマの事業に対し、200万を上限に経費を補助(2回目上限100万円)。昨年度は3団体に計600万円を補助している。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG