注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

「地美恵の郷みまさか」国産ジビエ認証取得

食関連
         

 美作市の獣肉専用処理施設「地美恵の郷みまさか」(同市平福)が、農林水産省の衛生管理基準や流通規格に基づく「国産ジビエ認証」を8日付で取得した。全国25施設目、県内では2施設目で、販路拡大の一手として大手ハンバーガーチェーンなどにシカ肉の供給を開始した。
 同認証は、消費者のジビエ(狩猟肉)に対する安心感の確保を狙いに2018年創設し、一般社団法人・日本ジビエ振興協会(長野県茅野市)に審査を委託。
 2013年に整備された地美恵の郷みまさかは現在、大黒天物産(倉敷市)が指定管理者になっており、衛生管理ガイドラインや部位の切り分けの流通規格順守など、厳しい基準をクリアした。
 取得を機に同振興協会が今月から実施している「GO GO GIBIER!」プロジェクトに参加。ハンバーガーチェーンのロッテリア、ファーストフード店を展開するJR東日本ベッカーズが製造販売するシカ肉バーガーの素材供給を始めた。
 市森林政策課では「高品質の獣肉が安定的に供給できることが認められたことにより、販路が格段に広がった。さらなる展開も模索し、害獣駆除の促進とジビエの普及、消費拡大につなげたい」としている。

国産ジビエ認証を取得した地美恵の郷みまさか


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG