注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

「子ども・子育て審議会」本年度初会合

行政・公共 「子ども・子育て審議会」本年度初会合
         

 津山市の幼児教育施策の進捗状況を確認する「子ども・子育て審議会」の本年度初会合が20日、山北の津山すこやか・こどもセンターで開かれ、第1期市子ども・子育て支援事業計画(2015〜19年)の19年度の総括を行った。
 委員13人と事務局から10人が出席した。美作大学児童学科教授・渡邊義雄会長が「子育て環境が継続的に良くなることが必要。きたんない意見を」とあいさつした。
 第1期計画は三つの基本目標と10の中目標のもと、21の基本施策を展開、143の事業・施策を掲げていた。19年度の評価は「ある程度達成(6割以上)」の事業・施策が129で達成率は93・5%、前年度より1・4%向上したと説明があった。委員からは第2期計画について「新型コロナウイルスの影響で早急な見直しが必要になるはず」といった意見が寄せられた。
 同市では第2期計画(2020〜24年)を策定しており、教育・保育・子育て支援策を示している。
写真
幼児教育施策について論議された子ども・子育て審議会


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG