注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

「子ども第三の居場所」に助成 B&Gなど7880万円支援 来春開始「子育ての拠点に」/岡山・鏡野町

行政・公共 子ども第三の居場所への助成決定書を手渡したB&G財団の朝日田常務理事(右)
子ども第三の居場所への助成決定書を手渡したB&G財団の朝日田常務理事(右)=岡山県鏡野町で
         

 さまざまな困難を抱える子どもたちを支援する施設として、岡山県苫田郡鏡野町に整備される「子ども第三の居場所」について、B&G財団(東京都)による開設費と3年間の運営費の支援が決まり、このほど同町役場で助成決定書の授与式が行われた。

 子どもたちが安心して過ごすことができる、家でも学校でもない「子ども第三の居場所」は同財団が日本財団と協力し、全国に設置を進めているプロジェクト。これまでに178カ所が開設され、同町は県内9カ所目となる。

 助成金は7880万円。授与式では、財団の朝日田智昭常務理事が「鏡野町の子育ての拠点として発展してほしい」とあいさつし、山崎親男町長に決定書を手渡した。

 事業実施者はNPO法人子どもの居場所かがみの(駒牧恵美子理事長)。木造平屋154平方メートルを建設し、活動スペース、保護者相談室、キッチン、風呂、トイレなどを備える計画。来年4月の運営開始を予定している。

 学習・生活支援、野菜栽培による食育、体験学習、地域交流などを行い、将来の自立につなげる。対象は町内の小学生で定員20人。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG