注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

「早く日常を取り戻せるよう頑張りたい」 能登半島地震被災地支援で市職員を派遣/岡山・美作市

行政・公共 萩原市長から激励を受ける職員=岡山県美作市市栄町の市民センターで
萩原市長から激励を受ける職員=岡山県美作市市栄町の市民センターで
         

 岡山県美作市は1日、能登半島地震の被災地支援で富山県氷見市に派遣する職員の出発式を市民センター=同市栄町=で行った。り災証明の発行業務などに携わる。

 県職員10人と県内自治体職員10人の「チームおかやま」による週ごとのローテーションで、同市は第3陣(2~8日)と第6陣(17~23日)に各2人を派遣する予定。

 萩原誠司市長が「現地の人たちと心のつながりを持てるよう尽力を」と激励。職員を代表して危機管理室の甲田共克さんが「被災者の方々が少しでも早く日常を取り戻せるよう頑張りたい」と決意を述べた。

 氷見市では家屋倒壊などの被害が発生しており、り災証明書の発行申請件数は4357件(1月23日現在)となっている。第3陣として派遣される総務課の丸山航平さんは「日々変わる状況に応じた活動を行い、被災者に寄り添い、求められる業務をこなしたい」と話していた。

決意を述べる職員=岡山県美作市市栄町の市民センターで
決意を述べる職員=岡山県美作市市栄町の市民センターで


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG