注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

「津山ロール」の■秋バージョン■ 販売開始

食関連
         

 作州産の岡山甘栗(作州栗)を盛り込んだ「津山ロール」の■秋バージョン■が23日から津山市内、鏡野、美咲町の和・洋菓子9店舗で販売が始まった。期間限定で、売り切れ次第終了する。
 作州栗は、勝英地域で生産され、2014年に商標登録された。強い甘みが特徴で、低温保存で追熟させ、糖度を高めたものを使用。ペースト状にして、津山産小麦で作った生地や、新鮮な生クリームに混ぜるなどして、秋の風味を楽しめるように工夫している。
 「くらや」(沼)の稲葉伸次社長は「今年の甘栗の出来栄えは、やや小ぶりだが甘みは強い。地元で生産された季節の味覚を多くの人に味わってもらいたい」とPRしている。
 価格は税込み1944円。店舗によっては、予約する必要があり、電話やインターネットなどで確認する。
 くらやを除く販売店は次の通り。
 フランセ(林田町)、大文字本舗(小原)、WAKANA(鏡野町吉原)、松月堂(東一宮)、昭和堂(美咲町久木)、ナポレオン(川崎)、Ange(山北)、ザ・シロヤマテラス津山別邸(山下)

作州栗を盛り込んだ津山ロール「秋バージョン」


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG
error: この記事はコピー禁止です。