注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

「津山城もみじまつり」(岡山県津山市)開幕

イベント
         

 「津山城もみじまつり」(津山お城まつり実行委主催)が11月12日、山下の同城(鶴山公園)を会場に開幕し、行楽客らが見ごろに入った紅葉や「ご当地グルメフェスティバル」などのイベントを満喫している。11月20日まで。
 初日は三の丸表中門でオープニングセレモニーがあり、津山鶴丸太鼓が威勢のいいばちさばきを披露。イロハモミジなどが赤く色づいてきた二の丸では、番傘アートが華やかに演出され、訪れた人たちは散策を楽しみながらスマホで撮影するなどしている。
 つるまる広場の当地グルメフェスティバル(12、13、19、20日)には津山ホルモンうどん、日生カキオコなどのブースが人気を集め、市内の中高生や市民バンドが生演奏を披露する音楽の祭典(同)も好評。表門には「美作国華道展」の共同製作が飾られ、日没後は園内北側の紅葉谷では「津山城ナリエ」のイルミネーションが連夜9時まで点灯している。
 夫婦で訪れた岡山市の主婦・河原裕子さん(63)は「紅葉のグラデーションが美しく、和傘とのコントラストも面白い。これからB級グルメを味わい、夜またイルミネーションも見に来ます」と話していた。
 同まつりではこのほか「美作国大茶華会」が19、20日に鶴山館で開かれ、作州忍者鶴山隊によるなりきり忍者が19日、三の丸である。期間中の開園時間は午前8時40分〜午後9時(入園8時半まで)。

(写真)紅葉や番傘アートの演出をめでる入園者

オープニングを飾った津山鶴丸太鼓の演奏

<関連記事>


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG