注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

「津山城ナイトイルミネーション」 テーマは桜の神様 幻想的な演出で城を桜色に彩る/岡山・津山市

イベント 光の演出で幻想的に彩られた城内
光の演出で幻想的に彩られた城内
         

「TSUYAMAGIC 津山城ナイトイルミネーション」が15日、岡山県津山市の津山城(鶴山公園)で始まり、幻想的なプロジェクションマッピングとライトアップで城内が〝桜色〟に彩られ、観光客らを魅了している。24日まで。

 津山観光キャンペーン推進会議が主催し、地域創生事業などを行うANA Akindoが企画・運営。演出はSOLU MEDIAGE(新潟県)が「津山城にいる桜の神様が、魔法で満開の桜を咲かせる」をテーマに手掛けている。

 冠木門付近では石垣に映写された「桜神様」がお出迎え。表中門跡の石垣や石段には桜の花びらとしぶきをあげた水流が入り乱れ、涼しさを醸し出している。備中櫓の白い壁面には愛らしいウサギが軽快なリズムで餅つきをしたり、走り去ったりする様子が投影され、音と光を織り交ぜた演出で「秋の観桜会」を表現。本丸では大光量のサーチライトが夜空を照らし、来場者はスマホで撮影するなどしながら散策を楽しんでいる。

 夫婦で市内から訪れた建設業の原田憲一さん(62)は「桜をイメージしたプロジェクションマッピングが素敵。櫓に映り込むウサギもかわいいいですね」と話していた。

 午後6時半~9時半(最終入場9時)。高校生以上800円、小中学生200円、未就学児無料。別途入場料はかからない。

桜の花びらと水流が投影された石垣
桜の花びらと水流が投影された石垣


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG