注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

知事と一緒に生き活きトーク開催 看護師不足について意見交換「現場の話や考えを聞けた」/岡山・津山市

行政・公共 医療や看護の課題について出席者と意見を交わす伊原木知事(右)=岡山県津山市で
医療や看護の課題について出席者と意見を交わす伊原木知事(右)=岡山県津山市で
         

 岡山県の伊原木隆太知事と県民が直接話し合う「知事と一緒に生き活きトーク」が24日、岡山県津山市の津山保健センターホールで開かれ、看護師不足の問題などについて関係者と意見を交わした。

 市と周辺の病院などに勤務する看護職ら6人が出席。

 津山中央病院の西川秀香看護部長は「いくらハードを整備しても人材確保に苦労しており、新人の離職率が高い。今の若者はやりがいで仕事ができる世代ではない」と指摘。中島病院の堀尾郁子看護師長は「Z世代は一人前に育てるのに年月がかかり、指導者も疲弊している。メンタルのフォローが大切で、臨床心理士による相談を3カ月ごとに行っている」と窮状にふれた。

 津山東高校の小林悦子看護科長は「看護職との交流会で、子育てしながらキャリアアップしている看護師や保健師の話を聞いた学生たちは将来の参考になったといい、地元就職にも有効な取り組み」。芳野病院の松本沙也香看護師は「子育てと看護職を両立する上で、自然豊かな県北は魅力ある土地だとアピールできたらいいと思う」と話した。

 伊原木知事は「難しい問題が連動しており、現場の話や考えを聞けた。期待と現実のミスマッチや大変さもあり、踏みとどまれるセーフティネットを作ることも大切。若手がやりがいを感じながら働けるよう、行政もしっかり考えていきたい」と述べた。

 このトークは2012年度から多様なテーマで開催し、本年度は5回目。

生き活きトークに先立ち、あいさつする伊原木知事
生き活きトークに先立ち、あいさつする伊原木知事


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG