注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

「秋の交通安全県民運動」に向けて推進大会 無事故で安全な地域へ/岡山・津山市

行政・公共 街頭啓発活動に出発するパトカーなど
街頭啓発活動に出発するパトカーなど
         

 「秋の交通安全県民運動」(21〜30日)を前に、岡山県の津山署管内(津山市、鏡野町)の推進大会が19日、鏡野町中央公民館で行われた。期間中は自治体や警察などの関係機関が連携を強め、無事故で安全な地域を目指す。

 スローガンは「交通ルール 守って笑顔 晴れの国」。重点目標は▽子どもと高齢者をはじめとする歩行者の安全確保▽自転車等のヘルメット着用と交通ルール遵守の徹底▽スピードダウンの励行―など7項目を掲げている。

 推進大会には、市や町、各交通安全対策協議会、同署などの関係者約100人が出席した。山崎親男町長、谷口市長代理の野口薫副市長が「1件でも事故が減り、地域に笑顔が広がることを祈念する。管内での死亡事故が昨年より増えていることから、職場や地域でマナーや安全意識の高揚に努めてほしい」。入江一男署長は「管内では4人が亡くなっている。みなさんの力を借りて交通安全意識の定着を図りたい」と力を込めた。来賓祝辞に続いて、津山交通安全協会の田村正敏会長から、町老人クラブ連合会に啓発品が贈られた。

 出発式では、白バイやパトカー、交通安全指導車など9台が広報活動を行うため次々に出発した。

 真庭、美作、美咲署管内では21日に推進行事を開催する。

交通事故防止への意識を高めた推進大会
交通事故防止への意識を高めた推進大会


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG