注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

美しいガラスが魅了 個性豊かな作品ずらり ガラス作家・加倉井さんの造形展/岡山・鏡野町

芸術 加倉井さんの作品に見入る来館者
加倉井さんの作品に見入る来館者=岡山県鏡野町で
         

 岡山県鏡野町上斎原の妖精の森ガラス美術館で「Refrain〜加倉井秀昭ガラス造形展〜」が開かれ、美しい模様や装飾を施した吹きガラスが来場者を魅了している。7月3日まで。

 

 長野県で工房を運営しているガラス作家・加倉井秀昭さん(53)の近作23点を出展。着色したガラス棒を組み合わせてつくる技法「ケーンワーク」をベースに、優しい色合いで波打つような曲線を描いた器やグラス、気泡を模様に見立てた花器など個性豊かな作が並ぶ。今年同館で制作したばかりのウランガラスもお目見えしている。

 

 同館の三浦和学芸員は「中間色を使った美しい配色で、見ていて心地が良い。一点一点じっくりと鑑賞してほしい」とPRしている。

 

 入館料は大学生以上500円、高校生400円、小中学生300円、小学生未満無料。午前9時半〜午後5時。火曜休館。

 

 問い合わせは、同館(℡ 0868-44-7888)。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG