注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

那岐山イメージの作品完成 彫刻家・伊藤哲一さん 町内に滞在し制作/岡山・奈義町

芸術
石彫「那岐の杜」と滞在制作した伊藤さん=岡山県奈義町で
         

 岡山県奈義町の現代美術館(同町豊沢)北側の駐車場にこのほど、同町に昨年12月から滞在し、作品を制作をしていた彫刻家・伊藤哲一さん(48)=千葉県館山市=による新作の石彫が設置された。


 新作「那岐の杜」は、那岐山とその森や滝などをイメージした半抽象の造形で、高さ180㌢、幅115㌢、奥行き65㌢、重さ約2㌧。黒御影(みかげ)石を使い、手彫りののみ跡を残したり、磨きを入れたりと表面の質感にも変化をつけて表現している。


 伊藤さんは東京都出身。高校時代に彫刻家を志し、東京芸術大学、同大学院彫刻専攻を経て、国内各地で精力的に活動を展開している。作家が滞在しながら作品を制作する事業「アーティスト・イン・レジデンス」の一環で同町が招へいし、B&G海洋センター艇庫(同町荒内西)をアトリエに制作した。


 「さまざまな要素を盛り込んで那岐山の自然の豊かさを表現した。滞在中、温かく接してくれた地域の皆さんに感謝している」と話している。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG