注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

「緑のふるさと協力隊」に2人 産業や福祉、文化分野で活動 「素晴らしい1年過ごして」/岡山・鏡野町

行政・公共 緑のふるさと協力隊員に着任した尾形さん(中央)と為国さん(左)=岡山県鏡野町で
緑のふるさと協力隊員に着任した尾形さん(中央)と為国さん(左)
         

 岡山県鏡野町は11日、「緑のふるさと協力隊員」に新たに着任した尾形有紀さん(31)と、今回で2度目になる為国友梨さん(31)に委嘱状を交付した。行政や地域住民と一緒に産業・福祉・文化といったさまざまな分野の活動に1年間取り組む。

 

 尾形さんは佐賀県嬉野市出身で、栄養士として同県内の中学校に勤務していた。埼玉県さいたま市出身の為国さんは、昨年度に協力隊に加入し、保育園の栄養士の経験を生かして富地域で活躍した。尾形さんは富地域、為国さんは上斎原地域を拠点とし、町内各地に派遣される。

 

 交付式で山崎親男町長が「鏡野は風光明媚(めいび)ですばらしい食材もあり、地域ごとに伝統や文化が根付いている魅力的な所。温かく優しい町民たちとともに素晴らしい1年を過ごしてほしい」と激励し、委嘱状を手渡した。

 

 尾形さんは「町産食材を使った加工食品の生産など、やりたい企画がある。まずは多くの人とふれあい、大切なことを学びたい」、為国さんは「再び戻ることができてうれしい。着任2年目だからできることがある。協力隊とかかわりがあまり無かった地域にも赴き、盛り上げていきたい」と抱負を述べた。

 

 緑のふるさと協力隊は、NPO法人地球緑化センター(東京都)が審査した若者を自治体が受入れる事業で、同町は旧奥津町時代の1995年から取り組み22回目。32人を受け入れてきた。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG