注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

おかやま☆おもてなしトイレ

行政・公共 CLTを活用した木テラスのトイレ外観
         

 岡山県は県内観光地周辺にある快適で機能的なトイレを「おかやま☆おもてなしトイレ」として認定する事業を始め、第1弾として12市町村の17カ所を認定した。県レベルで認定する取り組みは中国5県で初といい、アフターコロナのインバウンド(訪日外国人客)増も見据えて観光客らに情報発信している。
 おもてなしトイレは、観光地周辺やそのアクセス経路にあり▽無料で24時間利用できる▽多言語表記やピクトグラムによる案内▽温水洗浄付き洋式便座の設置▽明るい照明(50ルクス程度)▽化粧直しや着替えができるスペースの確保―などの項目について県職員が直接確認し、一定の水準を上回れば認定。第1弾は公衆トイレなどを管理する市町村に照会をかけ、審査した。
 美作県民局管内(10市町村)で認定されたのは、縁台やサイクルスタンドを備え、地場産CLT(直交集成板)を活用した木テラス(真庭市久世)、2021年2月に全面リニューアルしたJR勝間田駅(勝央町勝間田)、18年4月にオープンした道の駅がいせん桜新庄宿(新庄村)など、1市2町2村の8カ所。
 認定トイレには、モモをイメージしたり、桃太郎にちなんでイヌ、サル、キジが便器に座ったりしたロゴマークを掲示し、県ホームページの特設サイトに写真や地図を載せて紹介している。今後、市町村から推薦があれば随時、審査し、追加認定する方針。
 県観光課では「トイレは旅先や行楽地の評価要素の一つで、女性は特に重視する。利用者にPRする一方、快適かつ機能的なトイレ整備への機運高揚にもつなげたい」としている。
 他の認定トイレは次の通り。
 道の駅蒜山高原(真庭市)道の駅風の家(同)ノースビレッジ(勝央町)道の駅くめなん(久米南町)道の駅あわくらんど(西粟倉村)城まちステーション(高梁市)宇治公共トイレ(同)道の駅かもがわ円城(吉備中央町)道の駅山陽道やかげ宿(矢掛町)道の駅一本松展望園(瀬戸内市)星の里観光センター(井原市)道口PA上下(倉敷市)造山古墳駐車場(岡山市)吉備SA上下(同)

CLTを活用した木テラスのトイレ外観

おもてなしトイレのロゴマーク(一例)


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG