注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

津山を旅の拠点に 積水ハウスと大手米企業がホテル開業 「全世界1億7500万人の会員に情報提供」/岡山・津山市

経済・産業 開業したフェアフィールド・バイ・マリオット・岡山津山
開業したフェアフィールド・バイ・マリオット・岡山津山=岡山県津山市
         

 大阪府の積水ハウスとアメリカの大手ホテル経営企業マリオット・インターナショナル(マリオット)が、岡山県津山市宮尾で整備していた宿泊特化型ホテル「フェアフィールド・バイ・マリオット・岡山津山」が完成し、11日、開業した。

 

 同ホテルは、2社の地方創生事業「Trip Base道の駅プロジェクト」の一環で開設。国内24カ所目、県内では岡山蒜山(真庭市)に続き2カ所目となる。レストランを設けず、ホテルと近くの道の駅・久米の里を拠点に、車で市内をめぐりながら食事やレジャーを楽しみ、地域の魅力にふれるのをコンセプトにしている。

 

 施設は、延床面積約2900平方㍍3階建てで、1〜2人利用の客室全78室(ツイン47室、キング31室)のほかに、地元名産品を販売する売店、県内の工芸品、市内の風景を収めたアート写真が並ぶライブラリーなどを備えている。料金は税込みで1室1泊1万4520円から。朝食弁当付きプランもある。一人旅、家族連れ、団体客、外国人旅行者といった幅広い層を取り入れ、今後は地域住民らと交流できる体験を企画していく。

 

 この日、同ホテルで開かれた開会式には関係者約30人が出席。積水ハウスの石井徹取締役専務執行役員は「地元の人と自治体の強力なサポートがある。みなさんと地域の魅力を高め、誘客に尽力していく」、谷口圭三市長は「市の観光資源と外資系企業が持つ国際的な情報網を活用し、津山をPRしていく」とあいさつした。

 

 マリオットの日本・グアム担当エリアヴァイスプレジデント・カール・ハドソン氏は「ウェブやメールなどで全世界1億7500万人の会員に情報提供できる。みな未知の場所へ行くのを楽しみにしていて、旅行先の選択肢に津山が加わる。地域のみなさんは笑顔で温かく迎え、必要な時は手を差し伸べてほしい」と話した。

くつろげる空間として作られた客室
テープカットをする関係者ら


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG