注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

お餅みたいな粘りを実感 かつやまのいも「銀沫」 児童が調理や試食を体験/岡山・真庭市

教育・保育・学校 銀沫の調理を楽しむ児童=岡山県真庭市で
銀沫の調理を楽しむ児童=岡山県真庭市で
         

 岡山県真庭市勝山地区の特産品、かつやまのいも「銀沫(ぎんしぶき)」の魅力を知ってもらおうと、勝山小学校の3年生を対象にした学習会が6日、真庭市勝山のうどん処本峰で開かれ、子どもたちが調理や試食を体験した。

 地元が誇る山の幸を家族や知人らに広めてもらうことを目的に、勝山観光協会物販飲食店部会が開いた。児童たちははじめに、勝山地区を中心に44戸の農家が栽培に取り組んでいることや、料理の提供・販売を行う店を巡るスタンプラリーが実施されているなどを聞いた。

 続いて銀沫の調理を行い、ダシを入れて伸ばしたり、皮むき、すり下ろしたりといった体験を楽しみ、特長の「強い粘り」を実感。とろろ飯と山かけうどんをおいしそうに味わった。

 児童たちは「粘りがお餅みたい」「家族に銀沫のことを教えたい」。小学生を対象にした同学習会は4年ぶり4回目で、宮本茂部会長は「銀沫を食べたことのない児童にも喜んでもらえて良かった。各家庭などで味わってもらい、さらに広めていけるよう今後も続けたい」と話していた。

とろろ飯と山かけうどんを味わう児童
とろろ飯と山かけうどんを味わう児童


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG