注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

給食の「残食率」が増加 コロナ禍で取り組み進まず 「ごちそうさまの前にもう一口」を/岡山・津山市

行政・公共 津山市役所
津山市役所=岡山県津山市で
         

 岡山県津山市教育委員会は、昨年度の学校給食残食調査の結果をまとめた。2022年度の残食率は、小学生5・6%(21年度4・5%)、中学生17・9%(同15・7%)で、いずれも前年度より増加した。

 

 19年度に作成した「学校給食残食減少行動計画」の目標値は小学生4%、中学生12%。20年度から各学校で目標値を定めて取り組みを行っているが、市教委保健給食課によると、22年度も新型コロナウイルスのまん延により「学校の新しい生活様式」に沿った給食活動が続き、思うような取り組みができなかった学校が多くあった。欠席や学級閉鎖も多く、結果的に残食が多くなった学校もあった。

 

 市では20年度の2学期から、毎週木曜日を「ごちそうさまの前にもう一口」と定め、各学校で残食の減少に取り組んでいる。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG