注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

つしん未来塾

経済・産業 つしん未来塾
         

 若手経営者を育成する津山信用金庫(山下)の第7期「つしん未来塾」が20日、開講した。26人(うち女性4人)が来年2月までの計5回の講義を通じて、経営力を高めるとともに、異業種交流を図る。
 初回は24人が出席。開講式では平木基裕常勤理事が「当金庫がビジョンに掲げる持続可能な作州地域のため、皆さんの社業発展とともに地域の未来を切り開いていきたい」とあいさつ。
 講師のインクグロウ事業推進本部の田中洋平統括マネジャーが、「経営危機に陥らない中小企業経営とは?」と題してアフターコロナ、ウィズコロナを念頭にした経営戦略を中心に話し、財務諸表の見方や資金繰り表の作成などについても説明。「コロナショックを通じた自社の経営を見直す」をテーマにグループディスカッションを交え、戦略的な中期計画の策定についてアドバイスした。
 7年目の同塾は、地場産業の振興と活力ある地域づくりを狙いにし、本年度を含め受講生は207人(女性20人)となる。

田中統括マネジャーの講義を聞く受講者


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG