注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

つやま元気大賞

行政・公共
         

 津山市教委は4日、児童生徒や市民団体などの優れた活動を顕彰する本年度「つやま元気大賞」の表彰式を行い、1個人と3団体の取り組みをたたえた。大賞は、個人の部が上田繁男さん(80)=岡山県津山市上横野=、団体の部が宮部川ホタルンジャーの会(末澤未央代表)、成名小学校(岡山県津山市)PTA(藤内研介会長)、城西まちづくり協議会(髙須昌明会長)が受賞した。
 上田さんは、津山箔合紙(県郷土伝統的工芸品)の手漉(す)き技術を継承する6代目の職人。仕事の傍ら2006年から、伝統文化にふれてもらおうと地元の高田小(岡山県津山市)6年生に卒業証書を漉いてもらう取り組みを続けている。ホタルンジャーは、宮部川に生息するホタルをテーマにウォーキングや中正小(岡山県津山市)6年生への授業を実施し、住民一体となって水質保全にも取り組む。成名小PTAは、家庭と協力して「わが家の朝ごはんカード」の募集、「いいね! 朝ごはん」の選定など独自性のある活動を展開。城西まちづくり協議会は、2020年から城西公園(岡山県津山市)の美化活動をし、今年は津山西ロータリークラブと西小(岡山県津山市)の子どもたちが木製ベンチやミニ花壇を作るなどしている。
 岡山県津山市山北の津山市役所東庁舎で、有本明彦教育長が「市民に元気を与える活動であり、これからも学校や地域でふるさとの良さを伝えてほしい」と述べ、それぞれ表彰状を手渡した。
 上田さんは「受賞は後を継ぐ者の糧になる」、末澤代表は「過疎化とコロナ禍で元気がなくなっていたが、励みになる」、藤内会長は「今後も子どもたちと協力して活動を続けたい」、髙須会長は「次のステップとしてさらなる地域づくりに精進したい」と話した。
 同賞は、学校関係者や市民に推薦された中から青少年健全育成団体、PTA連合会による選考委員(?橋誠委員長)で決定し、式では大賞のみを表彰。このほかの優秀賞は次の通り。
 ▽個人の部=岡田香恋(向陽小5年)佐古亮裕、森上皓太(以上北陵中3年)菅谷千都、谷野菜花(以上北陵中2年)久常暖佳(成名小5年)▽団体の部=佐良山小学校PTA、清泉学区子ども会、勝北中学校生徒、西中学校相撲部、FMつやま、中道中学校生徒会本部役員、喬松小学校児童会、高倉小学校学校支援ボランティア、北小学校区青少年育成協議会、一宮小学校ボランティアチーム、林田スーパーキッズ、高野小学校5年生、弥生小学校運営委員会、大田北陵会、河辺小学校3年生、加茂中学校、勝加茂小学校教育後援会、久米中学校女子剣道部、成名小学校児童、加茂小学校PTA、秀実小学校PTA、津山東中ブロック公民館長会、東中学校区連合町内会各支部

大賞を受けた個人と団体の代表者


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG