注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

つやま援農塾2部門で基礎習得

行政・公共
         

 新たに農業に取り組む人らを対象にした本年度「つやま援農塾」の閉講式が30日、山北の市役所東庁舎(岡山県津山市)で開かれ、受講生15人が修了証書を受け取った。
 塾長の谷口圭三市長が「塾で培ったことを市の農業や地域づくりに生かしてほしい」とあいさつし、証書を授与。受講生を代表し、坂出優希さんが「学んだ内容を生かし、市の農業の発展に努めたい」と決意を述べた。
 続く意見交換会では一人ずつ「県北をイチゴの産地にできるよう頑張りたい」「収量が上がるように工夫していきたい」といった抱負や感想を話した。
 本年度の同塾は4月に開講し、ピオーネと野菜の2部門で基礎知識の習得やほ場での実習などを行った。


修了証書を受け取る受講生


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG