注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

ひとひと・真々互敬塾特別講師 碓井 徹さん 「大きな夢を描いて」

ひと 碓井 徹さん
碓井 徹さん
         

ひとひと
真々互敬塾
特別講師

碓井 徹さん

 岡山県津山市の国際化の草の根活動をしている、若手経営者のための私塾・真々互敬塾(岩谷英昭塾長)の招きで来津。米国籍を持っており、昨年10月に妻の実家がある滋賀県に居を構えたばかり。

 「津山は最近テレビでよく見る。噂にたがわぬ美しいまち」

 「ただ」―。そう眉を曇らせ「全国共通の問題だけど、商店街のシャッター通りは胸が痛む。典型的なバッドサイクル(悪循環)。グッドサイクル(好循環)に切り替えるのがこのまちの若きリーダーたちの役目では」と話す。

 「(商店街の)再開発ビルを見れば背景は透けて見える」―。米国で一流の建築物のプロジェクトマネジャーを務めてきた。「世界中どこにもない最高級の邸宅の建築を東洋人として手掛けてきた。マイノリティーの自分が、マジョリティーの社会でトップクラスの仕事をすることがかっこいいと思っていた」。

 24歳のとき職を辞して単身渡米。ニューヨークで英語を学び、現場監督としてキャリアをスタートさせた。日本の大手ゼネコンで大手銀行の支店や郊外の大型工場などを手がけたのち独立し、アメリカンドリームを体現した。

 「新庄村も素晴らしかった。津山や新庄には日本の豊かな伝統文化が息づいている。自分たちのまちを守ることは、日本を守ることと同義。リーダーたちには大きな視点で、大きな夢を描いてほしい」。

プロフィル
米国籍、滋賀県大津市在住。妻の圭さん(54)と2人暮らし。69歳。

碓井 徹さん


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG