注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

まち全体を「博物館」に 市が構想策定「来るたび発見と感動を」/岡山・津山市

行政・公共
「津山まちじゅう博物館構想」の冊子=岡山県津山市で
         

 岡山県津山市は、市域全体を屋根のない博物館ととらえ、特色あるまちづくりを展開するための方針をまとめた「津山まちじゅう博物館構想」を策定した。本年度以降、構想実現に向けたコンソーシアムを立ち上げるとともに、具体的な事業計画を作って各種取り組みを進めていく。


 基本理念は「津山を未来に引き継ぐための『津山らしさ』の創造と地域活力の向上」。基本方針に①津山遺産の再認識と保存・活用・創造②活動を担う人材の育成③インフラなどの整備④津山遺産を活(い)かした地域経済循環の拡大―を掲げ、「意識」「人」「土台」「施策」づくりを進める。


 取り組みを推進するための仕組みとして、市や関係団体などによるコンソーシアムを立ち上げ、各種施策・事業を展開するとともに、資金調達先の確保などを行う。


 埋もれている遺産の発掘と魅力創造、観光客誘致といった課題を整理。その上で、目指す博物館の姿として▽古代から近世、近代のそれぞれの時代につかることができるまち▽人それぞれの嗜好に対応した楽しみ方が提供できるまち▽来るたびに来場者にさまざまな発見と交流があり、感動が生まれ、再度訪問したくなるまち―などを示している。


 また住民と行政の役割として、住民には「津山遺産を再認識し、主体となって地域の資源として保存・活用・創造を進める」などを期待。行政は「関係部局で連携し、構想実現のための施策づくりを行う」「必要な人材を育成する」などを記している。


 策定にあたっては市民懇談会、有識者会議を設置するとともにアンケート調査を行って住民参画を図り、意見を反映した。


 市は「構想に基づいて各種施策を着実に推進し、住民と行政が一体となって、津山にしかできないこと、津山でしかできないことを探究・追究し、津山の未来を創造していきたい」としている。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG