注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

まわし姿の男衆が激しい争奪戦 約800年続く最古級の会陽 2人の福男が誕生/岡山・美作市

祭事・神事・法要 投入された本真木に手を伸ばす男衆=岡山県美作市で
投入された本真木に手を伸ばす男衆=岡山県美作市で
         

 福を呼ぶ2本の真木を奪い合うはだか祭り「安養寺会陽」が4年ぶりに10日夜、岡山県美作市の同寺境内で開かれ、まわし姿の男衆が激しい争奪戦を繰り広げた。

 約800年続く最古級の会陽で、同市無形文化財。この日は市内外から約700人が集結した。

 午後9時すぎ、太鼓の音に合わせ、渡り廊下から副真木50本が次々に投げ込まれ、境内を埋めた男たちは手を伸ばしてもみ合った。続いて、三番太鼓を合図に照明が落ちると、横田大雅副住職(31)が観音堂の福窓から陰陽一対の本真木を投げ入れた。男たちは雄たけびをあげて一斉に飛び付き、大きな渦のようになって奪い合った。

 本真木(祝い主・エクセディ―精密、美作マテリアル)は、会陽林グループの公務員・藤原貴憲さん(37)=岡山市南区=と、寺坂グループの自営業・牧野匡洋さん(41)=岡山市東区=が手に入れた。

 各グループが3組の騎馬を組んで近くの御福受納所に本真木を持ち込み、真木あらためと真木を祝い主に引き渡す入福式が執り行われた。福男の藤原さんは「4年ぶりの安養寺で福男になれて光栄。亡くなった前代表の林さんにささげたい」、牧野さんは「長くてしんどかった。グループ皆と家族の健康を祈りました」とそれぞれ述べた。

騎馬を組んで御福受納所に真木を持ち込む締め込み姿の男衆
騎馬を組んで御福受納所に真木を持ち込む締め込み姿の男衆


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG